SEOテクニックを毎日実践:ポイントサイト紹介ブログの教科書!

今回のまとめ

今回は、SEOテクニックを毎日実践シリーズの第7回として、ポイントサイト紹介ブログの教科書を作りたいと思います。


17/02/12 山田メール(皆さん、今日は何と!)


どうしても書く事がない時は

はい、ポイントサイト紹介ブログの教科書第1回ですが、ブログの書き方について説明したいと思います。

全然関係ないんですけど、昨年末に放送されていたパズドラのCMを消臭力のCMだと思っていた人っていませんか?

外国人がラーラララーラ歌いながら半透明の球体が漂うCMで、山田は途中までしか見ていなかったんですが、ずっと消臭力のCMだと思っていたんですよ。笑

さて、次項からは具体的にタイトルの付け方からどうしてもブログを書けない時の対処法まで紹介していきたいと思います。


画像で一言「皆さん、今日は何と!」


17/02/13 山田メール(クリスマスの...)


記事タイトルを付ける

記事タイトルの付け方は、ピボット法をお勧めしています。

ピボット法とは、例えばポイントサイト紹介ブログなら、”モッピーの稼ぎ方”とか”モッピーの攻略法”のようにポイントサイト名(固定)にセットで検索されやすいサブキーワードを組みあわせる方法です。

ただ、同じキーワードが含まれている事は問題ないんですが、全く同じタイトルの記事は作らないようにしてください。

Googleはタイトルを非常に重要視しています。

自分の行動を振りかえってみても、ブログを読むときはまず見出しを見て内容を読むかどうかを決めています。

前に紹介した本に書いてあったんですが、心理学的にも※タイトルを伏せられると内容を理解しにくくなるという事があるみたいですね。

※洗濯機の説明に”洗濯機の説明”というタイトルが付いていないと何の事だか分からないという話があります。

ポイントサイト紹介ブログでは、記事タイトル中に具体的なポイントサイト名を毎回登場させるようにしましょう。

そして、もしどうしても書く事がない時は、まずタイトルを考えましょう。

何について書くかが決まれば、内容はすぐに出てくるはずなんですが、それでも書けない場合は以降の項を参考にしてみてください。


画像で一言「クリスマスの...」


17/02/14 山田メール(ごじゅう...)


サブタイトルを挙げる

ブログを4日に1度更新にしてブログが書きやすくなったんですが、その理由がこの”サブタイトル法”です。

通常、ブログはh1にブログタイトル、h2に記事タイトルが入っている事が多いので、その下にh3サブタイトルを1つとh4を3項くらい挙げられるとブログが書きやすくなります。

ブログの記事はこの小さなブロックと論理的な流れでできているので、サブタイトルが決まれば後はそれぞれの項について話をするだけになります。

例えばこのページの場合、タイトルの毎日SEOの1コーナーとして”ポイントサイト紹介ブログの教科書”という企画があって、サブタイトル”どうしても書く事がない時の対処法”について話をしようと思っていて、”タイトルを付ける”と”サブタイトルを挙げる”と”論理的に考える”の3点について話をしようと考えたんですが、そこまで決まれば書く手が止まる事はありません。

それでも書けないという人は、次項の”論理的に考える”を参考にしてみてください。


画像で一言「ごじゅう...」


17/02/15 山田メール(...2日後です!書きためしまくった結果、こうなりました。(ハッピーバレンタイン!笑))


論理的に考える

今度は”論理的な流れ”の方から考えてみましょう。

例えば、あなたが家族にポイントサイトを紹介しようとしているとします。

大人だったら特に専門的に勉強をしてきていなくても論理的思考力は身についているはずですから、その辺りの事は心配しないでください。笑

家族に紹介するとしても、「いいから登録して広告を毎日ポチポチして」とか言っても納得してもらえないでしょう。

要するに家族にポイントサイトを紹介するにしても筋道を立てて説明しなくてはならないという事です。

例えば、「先月、ポイントサイトを利用していたらどれくらい節約できたか」などを計算して説得してもいいですね。

”ポイントサイト紹介ではそんな事はできない”と思うかもしれませんが、説得するのに筋道を立てる事はできるはずです。

ブログにしても筋道を立てる方法に決まりはないんですが、読者を説得するとしたらどうやって説明するかを考えると、割とブログはスラスラと書けます。


画像で一言「...2日後です!書きためしまくった結果、こうなりました。(ハッピーバレンタイン!笑)」




スポンサーサイト

スポンサーの募集について!◆星1つ

今回のサマリー

今回は、スポンサーの募集について話をしたいと思います。


16/10/11 山田メール(開幕から不吉な予感が隠しきれていない)

スポンサーの募集

そう言えば、このブログはポイントサイトを紹介するブログでしたね。笑

それでは、ポイントサイトをスポンサーにする方法を考えてみましょうか。

今回の話も統計的な裏づけがある訳ではない事には、ご注意ください。(あくまで山田の想像の話です。)

ポイントサイトがターゲットとしている客層は、若くて(失礼な言い方になってしまいますが、)旦那さんの稼ぎがまだあまり多くない、インターネットショッピングに抵抗がない2、30代の主婦の方だと思うんですよ。

旦那さんの稼ぎがまだあまり多くない2、30代なら、ポイントサイトは生活費の足しになりますし、ポイントサイトは案件が利用されないと、ほとんど収入がないはずですから、インターネットショッピングに抵抗がない若い世代に利用してもらいたがっていると考えたからです。

最初はお笑いがいいかと思っていたんですが、そう考えると客層がずれていそうですね。笑

2、30代の主婦の方々の興味と言ったら何でしょうか。

家事の時短とか裏技かとも考えたんですが、仕事をされている人もいるでしょうし。

次回は、この話をもう少し掘りさげて考えてみたいと思います。


画像で一言「開幕から不吉な予感が隠しきれていない」


今回は、主婦の間で人気があるコンテンツについて話をしたいと思います。


16/10/12 山田メール(森で眠ってしまっていた所を起こしてくださってありがとうございます。良かったら一緒に踊りませんか?)

主婦に人気のコンテンツ(1)

まずは、簡単に主婦に人気のテレビ番組を検索してみたんですが、女性は男性と比べてドラマを見ている事が多いみたいですね。

お笑いとかバラエティは、あまり出てきませんでした。

お笑い芸人だったら誰でしょうね。

検索しても出てこなかったんですが、渡辺直美とかインスタグラムで人気があると思います。

他に参考になりそうなものには、テラスハウスとか笑っていいとも、アメトークがあったんですが、ちょっと情報が古そうです。笑

こうして並べると、割とブログのデザイン(オシャレな感じ)も大事なのかもしれません。

この案は、ポイントサイトの話をしなくてもポイントサイトを紹介できるので、いいかと思ったんですが、少し視点をかえた方が良さそうですね。


画像で一言「森で眠ってしまっていた所を起こしてくださってありがとうございます。良かったら一緒に踊りませんか?」


今回も、前回に引きつづき主婦の間で人気があるコンテンツについて話をしたいと思います。


16/10/13 山田メール(つつもたせ?それっておいしいんですか?まあ、2度ある事は~って言いますけどね~。ここはメルヘンの国。そんな心配は要りませんよ☆(笑) あ、お兄ちゃ~ん!)

主婦に人気のコンテンツ(2)

ここで挙げるコンテンツは、アンケートなどで調査したものではない事は、ご注意ください。

ココナラにホストクラブをオープンしたら、面白いかと思ったんですが、(冗談は置いといて、)恋愛、ファッション、エステ、旅行、ダイエット、インテリアなんかがあるんじゃないかな~と思うんですよ。

こうして並べてみると、女子力高そうな話題ばかりですね。

山田でもできそうな話と言えば、整理収納くらいだと思いますが、お笑いとの相性があんまり良くないかな~と。

次回は、女子力について考えてみたいと思います。


画像で一言「つつもたせ?それっておいしいんですか?まあ、2度ある事は~って言いますけどね~。ここはメルヘンの国。そんな心配は要りませんよ☆(笑) あ、お兄ちゃ~ん!」


今回は、女子力について考えてみたいと思います。


16/10/14 山田メール(ふんっふんっふんっふんっ(お兄様登場準備中))

女子力とは何か

ブログ村の人気ブログを読みまくってみたんですが、確かに女子力高めですね~。

女性が思っている”女子力”って、言葉に表すと、念能力に近いものがあると思うんですよ。

エステに通っていると、女子力がアップして、言わなくても男性がそれに気づくみたいな。笑

この話をしていて思ったんですが、自信みたいな力なのかもしれませんね。

エステに通うと容姿に自信がついて、男性がそれに気づくみたいな感じでしょうか。

確かに、自信は内容を伴っている事が多いでしょうし、だったら、人からほめてもらうだけでもアップしそうな気がしますが。笑

男性の間で言われている女子力って、男がちょっと難しい料理(特に菓子系)をしたり、美容グッズを使っていたりする事だと思うんですね。

握力とかだったら分かりやすいんですが。

iPhoneを握らせて縦に折れたら強化系とか折れずに曲げたら変化系、粉々にしたら特質系とかで女子力診断アプリができそうですね。(←いちいち、iPhoneが壊れますが、笑)

お笑いとの相性は、どうでしょうね。

女子力高めのギャグ漫画とかお笑い芸人とかいそうな気がしたんですが、だいたい女子力関係はインスタグラムを利用しているみたいなんですよ。

(写真集みたいに)画像だけの方がいいのかもしれませんが、検索でヒットさせるのが難しくなりますし。笑

ちょっとブログのデザインを大幅に変更するかもしれません。(デザインか内容かを考えた結果、内容という結論になりました。)


画像で一言「ふんっふんっふんっふんっ(お兄様登場準備中)」



忍者AdMax忍者AdMax


”スポンサーを募集する”という考えまでの流れ!◆星1つ

今回のサマリー

今回は、キーワードの上流下流という考え方について話をしたいと思います。


16/10/07 山田メール(つ~~~つ~~~)

キーワードの上流下流

はい、しばらく中断していたメンテナンスを再開しました。

今回で5巡目になるんですが、話を書きくわえるのではなく、振りかえって改善案を考えていこうと思います。

今回は、キーワードの上流下流についての話ですね。(システム開発で言う所の上流下流(工程)の意味なので、下流が悪いという訳ではありません。)

上流キーワードには、SEO、お金の稼ぎ方、ポイントサイトなどがあります。

特に目的がない人が検索するキーワードですね。

山田は、”お金の稼ぎ方”を検索してポイントサイトの方に進んだので、山田ブログはそういった上流キーワードばかりを扱ってきました。

よく考えてもみれば分かる事だったんですが、下流キーワード(例えば、具体的なポイントサイト名、モッピー、[個別の案件]など)は登録の直前にあるので、ポイントサイトを利用しようと思ったら、下流キーワードを扱っているブログから登録するんですよ。

上流サイトでポイントサイトを紹介していても、より具体的な話を下流サイトで調べるので、登録は下流サイトからになります。

始めた頃の山田ブログを振りかえってみると、まあ頑張って上流キーワードばかりを扱っていますよね。(未だにそうですが、笑)

この調子で2年間続けてきちゃいましたから、今から作りなおす事を考えると、新しいブログを作った方が早そうです。


画像で一言「つ~~~つ~~~」


今回は、上流キーワードを扱う人の傾向について話をしたいと思います。


16/10/08 山田メール(も~)

上流サイトの傾向

まあ、単純に考えたら、原因を押さえようとしているので文系思考だと思いますが、上流キーワードを扱っている人のブログを読んでいるとコミュニケーション能力みたいなものが低いという印象を受けます。

そういうブログは、話がぼんやり(漠然)としていると言うか、言いたい事がよく分からない事がよくあります。

何故こんな話をするのかと言うと、「実際に下流キーワードでブログを書いてみよう」と思ったんですが、これが難しかったからです。

ぽいんさんのブログは、よく読ませていただいているんですが、(全く違う事は分かるんですが、)それがうまく言葉にできなかったんですよね。

で、何でこんなに差があるのかを考えていたんですが、コミュニケーション能力なんじゃないかという結論になりました。

関係あるかは分かりませんが、恐らく同じ本を読んで感想を書いたら、ぽいんさんの方が、より多くの話をすると思うんですよ。

「しかし、どう考えても下流キーワードでブログを書けそうにない」という人もいると思います。

山田もそういうタイプなんですが、そんな人でも日記くらいは書けますよね。

次回は日記を売る方法について考えてみたいと思います。


画像で一言「も~」


今回は、ココナラで提供する新しいサービスクリエイターとファンのSNSについて説明したいと思います。


16/10/09 山田メール(た~)

クリエイターとファンのSNS

はい、新しく”クリエイターファン”というSNSをオープンしました。

クリエイターファンでは、クリエイターがものづくりの裏話や日記を公開して、ファンに招待料を月額で販売できます。

ファンは、登録から1か月が経つと退会になります。(退会にするかログイン無効にするかは、クリエイターが選択できます。)

お薦めのクリエイターを紹介して、探せる口コミサイト的なSNSを目指しています。

維持費はありませんが、運営にはスポンサーを募集します。


SNSの注意事項

登録にはメールアドレスが必要になります。(捨てアドでも構いません。)

<公式の規約>クリエイターの紹介なしで登録したファン、オーナーの紹介なしで登録したクリエイター、誹謗中傷、または運営側で迷惑行為があったと判断した場合は退会処分とさせていただく事があります。

プレゼントは規約上は禁止しますが、罰則はありません。(クリエイターの共同SNSなので、誰がダウンロードするか分からないので、)

クリエイターは、個別に規約を用意する事もできます。(要運営の承認)

クリエイター側は、基本的には何を書いても構いませんが、常識の範囲内でお願いします。

ファンは、誰から招待状を買っても、SNS内の閲覧に制限はありません。

SNS内では、お薦めクリエイターの紹介ができます。


追記:このサービスは、ココナラから指導があり、停止中です。(確かに、若干違法臭がしますね。笑)


画像で一言「た~」


今回は、ブログ個別ページの内容にスポンサーをつけるという話をしたいと思います。


16/10/10 山田メール(せー!トラップ美人局(つつもたせ)発動、山田アウトー)

個別ページのスポンサー

はい、今までブログ全体で募集していたスポンサーを個別ページで募集したらどうかというアイデアを考えました。

その前に、パスワード工場というピタゴラスイッチを考えたんですが、スクリプトじゃなくてブログ企画でも大丈夫なんじゃないかという事で、ページごとにスポンサーを募集する事にしました。

アフィリエイトは、プラグインを作っても直接販売する訳ではありませんが、個別ページに置いてスポンサーを募集すれば、販売するのと同じ事ができます。

ちょっと書いているのが、1か月以上前なので、まだ魔送球の反応も確認していないんですが、お笑いアフィリエイトなんていうジャンルを作ったら、面白いんじゃないかとか考えています。笑


画像で一言「せー!トラップ美人局(つつもたせ)発動、山田アウトー」



忍者AdMax忍者AdMax


成果を出しているサイトは品質が高いという話!◆星1つ

今回のサマリー

今回は、成果を出しているサイトは品質が高いという話をしたいと思います。


16/09/29 山田メール(好きな言葉は”一か八か”です。)

成果と品質

はい、ちょっと色々なブログを読んでいて、自分のブログの問題点に気付いたんですよ。

今回は、”成果を出すためには品質を高めなくてはならない”という仮説を立てて話を進めたいと思います。

問題点は、大きく分けて3つあります。

1つは、リスクが不明な事(品質が高ければ、どんなサイトでも成功する訳ではない)、もう1つは統計的な根拠(”成果が出る”とは?”品質が高い”とは?どのくらい相関があるか?など)、もう1つは、どうやって操作するかの問題(成果を言いあてる事が目的ではない)になります。


画像で一言「好きな言葉は”一か八か”です。」


今回は、品質が高くても失敗する人はいないか?という話をしたいと思います。


16/09/30 山田メール(好きな言葉は”気合”だあー!わっしょーい)

リスクが不明

はい、品質が高くても失敗する人の割合が0になるはずはありません。

テレビは、成功した美談を紹介しているだけであって、美談になったからといって必ず成功する訳ではありません。

米大統領候補のトランプだって美談なんて聞いた事がありませんが、成功してはいますよね。

これは統計学の本で読んだんですが、「犯罪に手を染める日本人は、犯行に及ぶ前の○時間以内にお米を食べている」という話があるんですよ。

では、日本人にお米を食べさせなければ犯罪はなくなるのかと言うと、そんなはずはありませんよね。笑(←この話は本当は意味が違うんですが、)

次に、”お金持ちの習慣”について考えてみましょう。

お金持ちの習慣でよく聞くのが、「朝シャワーを浴びる」と「メモを持ちあるく」の2つです。

では、お金を持っていない人に、朝シャワーを浴びさせて、メモを持ちあるくようにさせたら、全員成功してしまうかと言うと、そんな事はないはずです。

例えば、サイクロトロンで原子番号をかえて金を作ったとしたら、品質的は本物の金と同じになりますが、コストが高すぎて元が取れないという話を聞いた事があります。

仮に品質が高くても8割の人が失敗するとして、失敗すると品質の高さ倍のダメージが跳ねかえってくるようでは、危なすぎてチャレンジできません。

品質が高くても失敗した人は、実際に調査したら、かなりの数の人がいるはずです。


画像で一言「好きな言葉は”気合”だあー!わっしょーい」


今回は、統計的根拠について話をしたいと思います。


16/10/01 山田メール(好きな言葉は”火遊び”、かな?)

統計的根拠

統計的根拠については、個人のブログでは、ある程度限界があります。

例えば、成果を扱う場合、成果を公開していないサイトもありますし、嘘の成果を報告しているサイトもあるでしょうし、データの形式もバラバラなので、そもそもデータ自体が手に入らない事もよくあります。

SEOブログには多いんですが、データが手に入らないので、どうしても大体のいい加減な話をしてしまうんですよ。

これに対して個人のブログでできる対策と言ったら、手に入るデータに合わせて仮説を立てる事くらいでしょうか。

ここでは仮にデータが手に入るものとして話を進めますが、例えば今回のような仮説を立てた場合、”成果を出している”と”品質が高い”の2点は定義しなくてはなりません。

”成果を出している”とは、量的変数なのか質的変数なのか、何がいくつ以上になっている事を指しているのか、どれくらい相関があるのかが分からなければ、何とでも言えてしまいます。

例えば、このサイトは超いい感じだから、こないだ100円稼いだって言ってたし、(100円だけでも嘘ではないから、)成果が出ているって事でいいか!みたいな事になってしまうと結論が本当に正しいかどうかが分からなくなってしまいます。

また、(個人のブログでは難しいんですが、)サンプルサイズの問題もあります。

個人のブログでよくあるのが、2人くらいの成功者の共通点とか、自分の特徴だったり、最悪の場合だと自分ですら試していない(お客さんが実験台)という事もあると思います。

今、築地の移転が問題になっていますが、双方の論理的な言い分を聞くと、どちらも尤もらしい主張に聞こえます。

論理的な説明は尤もらしく聞こえますが、ここに(例えば、”○割の人が反対している”などの)説明が加わると、意味がかわってきてしまう事は、よくあります。


画像で一言「好きな言葉は”火遊び”、かな?」


今回は、結果変数の操作について話をしたいと思います。


16/10/02 山田メール(○南美容外科~)

どうやって操作するか

これが一番知りたかった事なんですが、私達が知りたい事は対象のサイトの成果を言いあてる事ではなく、”どうしたら、そのサイトのように成果を出せるようになるか”です。

山田ブログでも以前に成果公式というものを考えましたが、成果を計算する事はできても操作する事ができなかったんですよ。

当時の山田は、それに気付いていなかったので、ぬか喜びしていたんですが。笑

先述の例で言うなら、訪問者が本当に知りたいのは、成果と品質の関係ではなく、「では、どうしたらいいか?(成果の最大化)」という部分です。

そこで、1つ前の話に戻りますが、「そもそも”改善”とは、何の事なのか」という定義も必要になります。

例えば、売上げが1%上がったとしても、それは改善ではなく誤差の可能性があります。

これについては、「何となく超いい感じでいい」みたいな事を書いている人がいましたが、ここをいい加減にしていい仕事なんてありませんよ。


画像で一言「○南美容外科~」



忍者AdMax忍者AdMax


ポイントサイトの問題と解決!◆星1つ

今回のサマリー

今回は、ポイントサイトの問題点について話をしたいと思います。


16/09/25 山田メール(~が私の志望動機です。)

ポイントサイトの問題点

ポイントサイトだけの問題と言うより他のサービスにも言える事かもしれませんが、新しいアイデアを考えていて思ったのが、結局、お金を払って遊ばせたり、そういうシステムだからと従わせているようでは、利用者からもスポンサーからも避けられてしまうんですよ。

そういう話は、よく出るんですが、ポイントサイトのゲームなんてポイントがもらえなくなったら、誰もやりませんよね。笑

ポイントサイトは一所懸命に口封じをしてきますが、利用者の印象は最悪ですし、あんなゲームのスポンサーになっても無意味か逆効果だと思います。

で、自分のアイデアを見直してみたんですが、まあ無理矢理やらせている感がありますよね。笑

本当に面白いゲームとかエンターテインメントを作れたら、利用者もスポンサーも納得するでしょうが、このままではポイントサイトの二の轍を踏む事になってしまいます。

次回からは、過去のアイデアを振りかえりながら、そういった問題の解決を考えて改善していきたいと思います。


画像で一言「~が私の志望動機です。」


今回は、ポイントサイトから進化したサービスについて話をしたいと思います。


16/09/26 山田メール(で、わが社の社風を改革してくれるとの事ですが、具体的にはどんな事をしてくれるんですか?)

進化したサービス

ある意味、ポイントサイトから進化したと思うのが、YOURSとココナラです。

YOURSは、ポイントサイトからゲームや換金サービスをなくして、案件(商品との交換)だけにしました。

利用するのに掛かった電気代も稼げないなら、ゲームや換金は必要ありませんからね。笑

ココナラは、クラウドソーシングから利用者がサービスを提供できるようにしました。

SNSなんかも余分な機能を削って、チャットだけを残したものが増えてきていると思います。

そう考えてみると、不要なものをなくして進化したサービスも多いのかもしれませんね。


画像で一言「で、わが社の社風を改革してくれるとの事ですが、具体的にはどんな事をしてくれるんですか?」


今回は、自然な広告について考えてみたいと思います。


16/09/27 山田メール(そ、それは...か、会議室をキャバクラにして明るくします!)

自然な広告

はい、今回は無理やり開かせない自然な広告を考えてみたいと思います。

色々と考えてみたんですが、これには関連ページがありますよね。

関連ページは、お金を払ったりシステムで強制しなくても訪問者の方から進んで開いてくれます。

後は、スポンサー広告が関連ページのブログコンテンツを考えるだけです。


画像で一言「そ、それは...か、会議室をキャバクラにして明るくします!」


今回は、スポンサー広告が関連ページのブログコンテンツについて考えてみたいと思います。


16/09/28 山田メール(その話、もう少し詳しく聞かせてくれる?)

広告が関連ページのブログコンテンツ

はい、スポンサー広告が関連ページのブログコンテンツについても色々と考えてみたんですが、お笑いがいいという事になりました。

ジョークスクリプト(ツッコミ君とかゴージャスな足し算とか。)も考えたんですが、広告との連携がしづらいかな~と。笑

以前までやっていた買い出しもふざけていた時の方がアクセスが良かったんですよ。

山田が真面目な話をしても面白くも何ともありませんし。笑

ちょくちょくふざけたくなって始めた画像で一言は、何故かブロともの間で好評です。

相互リンクをしてもらっている方で、ふざけられたら困るという方がいましたら、シークレットコメントからでもいいので、ご連絡ください。

素材サイトもあるので、お題にも困りませんし、今、YouTuberとかLIGとか沈黙のウェブマーケティングのバズボンバーとか笑いで人気が出たサイトって多いんですよ。笑

なので、新しく魔送球っていうシリーズを作ろうと思うんですが、ヒットしなくてもアップデートを繰りかえして何とかしようと思っています。


画像で一言「その話、もう少し詳しく聞かせてくれる?」



忍者AdMax忍者AdMax