ポケモンブームには流されないぞ!(2)◆星1つ

はい、今回も1年ぶりにゲームで遊んだという話の続きになります。


16/08/28 山田メール(泳いでリオに到着)

忍者AdMax

続きを読む
関連記事

ポケモンブームには流されないぞ!(1)◆星1つ

はい、今回は1年ぶりにゲームで遊んだという話になります。


16/08/24 山田メール((知っている日本語は?)o)

忍者AdMax

続きを読む
関連記事

次に作ろうと思っているゲーム!◆星1つ

今回のサマリー

今回は、次に作ろうと思っているゲームについて説明したいと思います。


16/08/23 山田メール((カラオケ)みんなが大好き~ア~ンパ~ンマ~ン~)

次に作ろうと思っているゲーム

次に作ろうと思っているゲームでは、まず広告主にモンスターを用意してもらいます。

モンスターと対決して勝つと、モンスターを鍛えたり、ボスキャラクターと対戦する時に味方として呼びだしたりできるようにします。(図鑑)

この図鑑のデータ1件ずつにモンスターを用意した依頼主の広告スペースを用意します。

モンスターのデータは、画像と名前だけ用意してもらって、他のデータはこちらでランダムに決めたいと思います。(LVは高いほど出づらくする予定です。)

モンスター(+広告)のアップロードは、ココナラで500円のサービスにしようと思っています。

以降は大雑把な説明になりますが、この仕組みでは、ブログからゲーム、広告へと訪問者を流す工夫をしています。

ブログには、更新する事で新しい訪問者を獲得したり、内容を調整する事で特定の客層を呼びこむ役割があります。

広告主は商品名などを印象に残したいんですが、ブログでは印象に残りませんし、CMでは1つの商品しか扱えないので、ゲームを置く事で複数の広告をスポンサーという形で印象に残すようにしています。

追記:このゲーム案は、現在Cookieの容量の問題で中断しています。


画像で一言「(カラオケ)みんなが大好き~ア~ンパ~ンマ~ン~」



忍者AdMax忍者AdMax

関連記事

面白いと思うゲームの基準!◆星1つ

今回のサマリー

今回は、面白いと思うゲームの基準について話をしたいと思います。


16/08/22 山田メール((カラオケ)ジャムバタチ~ズらんらんら~ん)

面白いと思うゲームの基準

はい、今回で2周年になりま~す。

面白いと思うゲームの基準ですね。

これは個人的な意見なんですが、1人のキャラクターが万能になってしまったり、(ジャムの話にもあったような)選びきれないほどの技を習得できてしまったりするゲームは、あまり面白いとは思いません。

面白いと思うゲームは、複数キャラクターにメリット・デメリットがあって、クリアするために作戦を立てられるようなものがあります。

そこで新しいゲームを考えたんですが、ざっくりと説明すると、広告主にモンスターを用意してもらって、そのモンスターの情報リスト(図鑑)に広告を掲載する感じにしたいと思っています。

次回はそのゲームのシステムについて、具体的に説明したいと思います。


画像で一言「(カラオケ)ジャムバタチ~ズらんらんら~ん」



忍者AdMax忍者AdMax

関連記事

ブログの更新が4日に1回になります!◆星1つ

今回のサマリー

今回は、ブログの更新が4日に1回になるというお知らせになります。


16/08/21 山田メール((カラオケ)アンパン、食パン、カレーパン~)

ブログの更新回数

随分と前から考えていたんですが、明日の22日で2周年になるので、この機会に試してみようと思います。

やっぱり、時間がないのに毎日アップしようとすると、どうしてもブログの質が悪くなってしまうんですよ。

まあ、約1か月分の書きためはキープしているので、4日分を1回で出して、表面的に3日間ブログをアップしないだけなので、手間はかわらないんですが。笑

ブログの質が悪くなると、稼げないのに時間だけが掛かるようになってしまいます。

これで、1件当たりのボリュームが増えなかったら、また考えますが、ココナラの方も忙しくなる事がありますし、誰かが先陣を切って始めた方がいいと思うんですね。

もちろん、ブログ仲間の記念日にはブログをアップしますが、相互リンクをやめたいという方は、(連絡なく解除してもらっても構いませんが、)ご連絡ください。

山田としては、連絡さえ取れれば特に問題はありませんが、宜しければ今後とも宜しくお願いいたします。


画像で一言「(カラオケ)アンパン、食パン、カレーパン~」



忍者AdMax忍者AdMax

関連記事

SEOは理系科目?◆星1つ

今回のサマリー

今回は、ポイントサイト紹介のよくある誤解について話をしたいと思います。


16/08/20 山田メール((カラオケ)勇気の鈴がりんりんりん~)

よくある誤解

ポイントサイト紹介を始めたばかりの方のブログは、自分がどうかわったかを確認できるので、よく見るようにしています。

大体のポイントサイト紹介を始めたばかりの方達が、まず最初に書くのが、”モッピーの評価・評判・危険性”というブログですよね。笑

(山田も書いていたんですが、)今にしてみれば、そんな話をしても検索上位に入るはずがないんですが、しばらくして検索上位に入れずに話のネタがなくなると、だいたいSEOの話を始めます。

山田もずっと誤解していたんですが、SEOは情報科学分野になるので、がっつり理系科目です。

SEOの話をするブログで、ありがちなのは自分の中で矛盾を起こしてしまって、やめていくパターンです。

「大体1,000字以上書いておけば大丈夫なんじゃないかな」とか言っておいて、自分で実践しても成果が出ないと、矛盾を感じてしまうかもしれませんが、そこは”SEOは簡単な事ではない”と割りきって考えるしかありません。


文字数は質的変数ではない

よく聞くのが、「文字数は1,000文字以上にする」というSEOですが、”1,000文字以上かどうか”のような質的変数(この場合、1,000文字以上なら1、未満なら0)と誤解されている事が多いと思います。

Googleもランキングなので、文字数も実際には質的変数ではなく、量的変数として捉えられていると思います。

周りの人達が頑張っていなければ、1,000文字以下でも上位にランクインしますし、”モッピー 稼ぎ方”などのキーワードで上位10サイトを調査した所、全てのサイトが大体3,000字から5,000字の間くらいでした。

サイドメニューに3,000字書きこむ方法は、無意味か逆効果ですからね。笑

こういう話をすると、「あのサイトは、(その基準を満たしていないのに、)どうして上位に入っているんですか?」と質問をしてくる人がいるんですが、(ドメイン年齢とか他の理由も考えられますが、)それは分かりませんし、答える必要もありません。

統計的に調べても必ず例外はありますし、仮に10,000サイト調べて、99%の法則が見つかった場合、1%の例外があったとしても、その法則が否定されないのと同じ事です。

10,000サイトの1%なら100サイトはあるはずですが、例外ばかりを挙げられたり、あなたのサイトがその例外の中に含まれていたりすると、さもその法則が間違っているかのように思えるかもしれませんが、他の9,900サイトには言える事ですし、その法則が間違っている事にはならないので、心配しないでください。笑


画像で一言「(カラオケ)勇気の鈴がりんりんりん~」



忍者AdMax忍者AdMax

関連記事

16年自由研究:エンターテインメントの研究!◆星1つ

今回のサマリー

今回は、16年の自由研究のテーマについて考えたいと思います。


16/08/19 山田メール(これで殴れば一撃でしょ)

エンターテインメントの研究

始めは”ヒット商品の開発につながるかもしれないからいいかも”と思っていたんですが、とにかくNGが多いんですよ。

アイコンまで作って、ノリノリだったんですが。

アダルトコンテンツは論外としても、アップする頃には大フィーバーしているであろうポケモンGOも遊ぶ気になりませんし。

有名なRPGとかサッカーゲームくらいならやった事がありますが、パズドラが人気になった時も遊びませんでしたからね。笑

じゃあ、サウンドはどうかと言うと、ジャンルが偏りすぎています。(山田喫茶でも紹介していますが、基本的にはレゲエとヒップホップしか聞きません。)

ヒップホップの話とか、しだすと3、4時間は語れるんですけどね。笑

ゲームもマーケティング面では興味があるので、何か1つ決めて、じっくりと取りくむようにすると思います。

ポケモンGOは、アジアで売るためにアメリカで先行公開したみたいですね。

アジア圏では、アメリカで流行ったものが売りやすいようなので。

何でもポケモンを出す装置?を買って店に置いて、売上げを伸ばした人もいるみたいです。

日本では、マクドナルドと提携するみたいですね。

マックに行くと、一服しているポケモンの中の人がいたりするんでしょうか?笑

イップクチュウ「やべ、人間来た!ぷ、ぷくちゅ~」


画像で一言「これで殴れば一撃でしょ」


グラサン侍


忍者AdMax忍者AdMax

関連記事

ココナラで仕事をする 競技SEOのスポンサー募集!◆星1つ

今回のサマリー

今回は、ココナラで提供する新しいサービス競技SEOのスポンサー募集について説明したいと思います。


16/08/18 山田メール(たぶん、こんくらいのやつなんだけどさ~)

競技SEOのスポンサー募集

スポンサー様指定のキーワードで、SEOの技術を競いあってもらうイベントを開催します。

参加用のサイトは、新しく作ってもらいます。

参加者は、技術力のPRができます。

また、参加者のサイトには、スポンサー広告を掲載してもらいます。


競技SEOのスポンサー募集の注意事項

金額が金額ですので、複数名様で開催される場合は、事前にダイレクトメッセージから、ご予約いただいて、開催のめどが立ち次第、連絡を差しあげる事もできます。

なお、トークルームを閉じた後の返金には応じられない事は、ご了承ください。


画像で一言「たぶん、こんくらいのやつなんだけどさ~」



忍者AdMax

関連記事

ココナラで仕事をする 成果を統計的に解明するサービス!◆星1つ

今回のサマリー

今回は、ココナラで提供する新しいサービスポイントサイト紹介の成果の統計的解明について説明したいと思います。


16/08/17 山田メール(最強の剣を探してるんだよね~)

成果を統計的に解明する

ポイントサイト紹介の成果を統計的に解明して、操作できるようにします。

現在、分かっている論理型、記憶型、中間型という3分類法は、成果を予測する事はできてもコントロールする事ができません。

そこで、ブログの価値を測る因子として、”気付き”と”納得”があるという仮説を立てて、それらから、検索順位を説明して、成果をコントロールする方法を考えだしたいと思っています。

このサービスは、データを提供してくださった方に500円で検証結果を報告するものです。


成果の解明サービスの注意事項

検証結果を報告するためには、ある程度のサンプルサイズが必要になります。

サンプルが集まらない場合は、集まるまで検証結果の報告ができませんので、不安な方は、ダイレクトメッセージからデータの提供だけしていただいて、検証が完了次第ご購入いただき、報告という形にいたします。

なお、報告ができない時にご購入いただいても、トークルームは閉じさせていただきますが、トークルームを閉じた後の返金には応じられない事には、ご了承ください。


画像で一言「最強の剣を探してるんだよね~」



忍者AdMax

関連記事

ブログの価値は何で測られるか?◆星1つ

今回のサマリー

今回は、ブログの価値は何で測られるか?という疑問に答えたいと思います。


16/08/16 山田メール(何かちょーだい)

ブログの価値は何で測られるか?

現在、分かっている論理型、記憶型、中間型(どちらかと言うと記憶型寄りですが、)の3つのポイントサイト紹介(アフィリエイト)ブログ分類は、成果を調べる事はできるんですが、コントロールする事はできません。

一番、成果を出しやすい論理型になるには、Google検索でトップ10に入らなくてはならないため、枠が限られているからです。

これは、どういう事かと言うと、全国で一斉に学力テストが実施されて、トップ10に入るようなものです。

Googleもランキングなので、他の人が頑張ったら、それ以上に頑張らなくてはなりません。

そこで、もう1度、”ブログの価値とは何か?”について、見直す事が必要になったんですね。

イメージとしては、説明変数がいくつかあって、その背景に”ブログの価値”となる因子が存在しているような感じです。


キーワードは複数あるという誤解

よく「キーワードは複数ある」という事を言われるんですが、その多くは全く使い物にならないくらい検索されません。

では、使い物にならないと、どうなるのかと言うと、成果を出そうと使い物にならないキーワードをかきあつめる独占が起きます。

検索してもらえば分かると思いますが、ポイントサイト関連の検索結果で見かける人は、だいたい同じだと思います。

検索キーワードが複数あるからと言って、”どこかの検索結果には入るだろう”などと安心はできません。


ブログの価値因子

結論から言うと、この”ブログの価値因子”は、気付きと納得の2つです。

気付きとは、「ブログの価値因子は、気付きと納得の2つ」のような結論の事です。

例えば、「ブログの価値を測る因子があるんじゃないか?」と疑問に思った人が検索をして、ブログを訪問したら、「ブログの価値を測る因子には、~があります。」という気付きを与えなくてはならないという事です。

私達が、検索をする本当の意味を考えてみてください。

検索結果の答えとして、ブログにあってほしいのが、この気付きです。

そして、もちろん結論(気付き)を書いておくだけでは駄目です。

「ブログの価値因子とは、気付きと納得」と言われただけでは、「何で?」と疑問が残ってしまいますよね。

つまり、その理由を訪問者が納得するまで説明しなくてはなりません。


調査の方法

それらを統計的に調査しようと思うんですが、問題は”それらを量的変数として捉えなくてはならない”という事です。

Googleのアルゴリズムを考えても、それらは質的変数として捉えられているとは考えにくいからです。

調べ方としては、まずは人間の手で評価して、検索順位と相関を調べながら、評価したサイトを比較して、説明変数を割りだす感じになると思います。


画像で一言「何かちょーだい」



絵文字18関連ページ一覧>ポイントサイト”みんなの疑問”

忍者AdMax忍者AdMax

関連記事