ポイントサイト紹介で成果が出る2つのからくり


今回は、
ポイントサイト紹介で成果が出る2つのからくり
についての話をします。



Cafe Nuovo II
Cafe Nuovo II / alexanderferdinand

皆さん、目玉コンテンツって用意していますか?


目玉コンテンツとは、
訪問者が登録を決めてくれるであろうページの事です。


ちょっと調べてみたんですが、
アフィリエイトでは用意している人が少ないみたいなんですよね。


そこで逆に、
それぞれのポイントサイト紹介ブログから
ポイントサイトに登録してみたくなる理由を考えてみる事にしました。


その時、ちょっと気付いたのが、
成果が出ているサイトは、大きく2つに分類できるという事です。
(今さらって感じですが。笑)


一つは、にほんブログ村などに多い
ポイントサイトの楽しさを売りにするタイプです。


このタイプに限っては、
数値化する分かりやす~い指標があるんですが、
(成果指標とは別ですが、)
ここでは敢えて更新回数としておきます。


このタイプのサイトの更新回数が多いのは、
山田ブログでも何度も言ってきているように
私達はポイントサイトを運営している訳ではないので、
ポイントサイトの楽しさに手を加える事ができないからなんですね。


ポイントサイトの楽しさに手を加えられない私達が
ポイントサイトを紹介するとなると、
なるべく幅広い情報を紹介するくらいしか手がありません。


もう一つは、Googleに多い
成果を売りにするタイプです。


Googleが成果を評価するかどうかは分かりませんが、
Google系サイトの大きな違いは、ここですよね。
(カード発行で月に1万円とか。)


こちらは単純に成果で比較できます。


ハイブリッドと言えば、
案件紹介がありますが、
恐らく、これら以外のタイプは、
長い時間を掛けて淘汰されてしまったんでしょう。


では、これらから何が分かるのかと言うと、
例えば、不測の事態が起きない限り、
何年後に誰がどのくらい稼いでいるか?
(順序はどうなっているか?)
一日何件ブログを更新して、どれくらい先に成果が出始めるか?
ツイッターには効果があるか?
などといった所でしょうか。


前者の方なら残念ながら、ツイッターには全く効果がありません。


楽しさを売りにするなら、
成果は更新回数(から計算されるある値)にしか比例しないからです。
※どういう事かと言うと、
→”話題の広さ”という事で、
だから、どれくらい先に成果が出始めるか?が分かるんですね。


後者の方の場合、
ツイッターを使ってGoogleトップに立つ見通し
があるなら効果はあります。


もし、
ツイッターでGoogleと張りあおうと考えているなら、
恐らく全く勝負にならないと思います。


成果を売りにするタイプは漁場を選択できますが、
トップに立たなくては、ほとんど意味がありません。


だからこそ、
山田はハイブリッドを探しているんですが、
山田ブログのように、
成果は出ない、楽しさを売りにする、更新回数は増やさない
という中途半端なスタンスだと、まず大きな成果が出る事はないでしょう。


よく言っている事ですが、
SEOの話で勝負を挑む事が、どれだけ無謀な事か
という事が、ここからも分かっていただけると思います。


コンバージョン率が1,000%
(訪問者全員がモッピーに10回ずつ登録)
などといったフィーバーでも起こらない限り、
まず勝ち目がない戦いになってしまいます。笑


Cafe
Cafe / ludoviς

まだデータが少ないので確かな事は言えませんが、
成果が出始める大まかな時期は、
150÷x^2(二乗)
※xは成果指標ではありません。
で計算できるかもしれません。
一日1件更新三、四か月で成果説は、案外ただしい可能性が。笑





絵文字18関連ページ一覧>四則演算でわかる 仮説検証

関連記事
スポンサーサイト

コメント

成果が出始める時期

山田さん、こんばんは^^
成果が出始める時期の方程式、私には
さっぱりわかりません(^^;) 計算苦手なので・・

記事の1日1回以上UPは必須かもしれませんね。
それと内容にもよりますが、数百記事分の情報量。
私の場合は、自分の向上心が一番問題かも(笑)

なるほど~!

やっぱり情報量が重要なんですね!
最近、Google先生がやたらとオラオラクロールしてきてて、
”何すか?何すか??”って思っていたんですが、
広告と応援ボタンを削ったら、
機嫌が直ったんですよね。
ペナルティはなかったんですが、
情報量の割りに広告が多すぎたのかも^^?

コメントの投稿

非公開コメント
山田ーシーに入場する