楽しいグラフ作成!◆特定言及数:言及数比のピークをグラフにする


今回は、
特定言及数:言及数比のピークをグラフにしながら、
楽しいグラフ作成を見ていきたいと思います。



14/12/19 山田メール

ちょくちょくイークリックにログインしてみているんですが、
何だか使いやすそうですね!


あと、
年内にサイドメニューを大改造しようと思っています。
(↑忘れないようにブログに書いておきます。笑)
お気に入りサイトとか広告をもっと見やすくしたいんですよね。


さて、本題に入りますが、
皆さん、グラフ作りは楽しいですよ!


山田なんか、
レーダーチャートなんて使う機会がないので、
ここぞとばかりに使っちゃっています。笑


特定言及数:言及数比ピークグラフ

何をしているのかと言うと、
ポイントサイトの人気指標の補正指数
を作ってみたんですね。


前に
人気を正確に測れない事があるという話をしたと思いますが、
その原因が”特定言及数:言及数”の比にある事は分かっていたので、
その誤差を補正する指数をグラフにしたのが↑です。


だいたい予想通りだったんですが、
具体的には、
特定言及数の20倍言及が人気のピーク
・山なりで左右非対称のグラフになる
(特定言及数少に対して、言及数多には寛容と予測していたため、)
という結果になりました。


グラフをご覧の通り
現時点で既に例外があるので、
厳密な計算は難しいかもしれませんが、
後は恐らく、ここから
ポイントタウンが、これから伸びるかもしれない
という予測ができると思います。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント
山田ーシーに入場する