げん玉とバレンタイン!◆モカモカと色々甘いチョコレート


今回は、
モカモカと色々甘いチョコレート
という作り話をしたいと思います。



15/02/06 山田メール

素敵なバレンタインを!モカモカと色々甘いチョコレート

100年に一度の
”げん玉バレンタインチョコレートコンテスト”
が開催された時の話です。


その大会では、
チョコレートのモカモカと
天才ショコラティエ”バレンティン”
が対決しました。


それに目を付けた
スイーツ怪盗プディングは、
”コンテストに出品されるチョコレートを頂きに上がる”
と予告してきました。


コンテスト前日、プディングは、
コンテスト会場の向かいのホテルから
様子を伺っていました。


プディングが
チョコレートが保管されている部屋を探していると、
警備員がモカモカのチョコレートを
つまみ食いしている様子がうかがえました。


警備員が部屋から出て、しばらくすると、
今度はモカモカの対戦相手バレンティンが
チョコレートが保管されている部屋に
こっそりと入って行きました。
対戦相手のモカモカの実力が
気になったんでしょう。


バレンティンは、
子供達を立派なショコラティエに育てあげるべく、
家族にも厳しい事で有名でした。


しばらくすると、バレンティンは、
コンテスト会場の正面入り口から
宿泊先のホテルに帰って来ました。


プディングはチャンスだと思い、
バレンティンに続いて
コンテスト会場に忍びこむ事にしました。


すると、コンテスト会場には、
あっさりと忍びこむ事ができてしまいました。


プディング
「どうなっているんだ?警備が甘すぎる。」


コンテスト当日、
審査員には辛口評論家が
ずらりと並びました。
実況「さあ、
今大会も辛口評論家の皆さんに
お越しいただきました。」


しかし、
何故か端にプディングが紛れこんでいました。
実況「ああっと、
審査員席に怪盗プディングが
変装もせずに紛れこんでいる~!
考えが甘~い!
警備は何をしているんだ~?」


警備員「まあ、いいんじゃないか?」
実況「警備も甘~い!」


審査員席では、
しばらく揉めていましたが、
観客の熱気に押されて、
コンテストを始める事に。


バレンティンは、
何故かデレていて、
態度が甘くなっていました。


2人がチョコレートを提出すると、
バレンティンのチョコレートから
審査が始まりました。


しかし、審査員達はバレンティンを
「チョコレートではなく、詰めが甘いですな!」
と辛口で評価しました。
実況「これは驚き!
天才ショコラティエ、詰めが甘かった~!」


しかし、
プディングだけは100点を付けました。
プディング「よくやった!」
実況「どうした事でしょう!
プディングだけ何故か採点が甘~い!」


続いて、モカモカのチョコレートの審査が始まりました。


辛口評論家達は、
全員デレデレしながら100点を付けました。
実況「採点が甘~い!
辛口評論家達が甘口になってしまった~!」


甘くなったバレンティンは
帰国後、デレデレしながら、
奥さんと子供たちに駆けよりました。


すると、奥さんはバレンティンに
「近寄らないで!」
と張り手をくらわせました。


夫婦の仲だけは甘くなっていませんでした。


この話の教訓
→スピードワゴンはラッスンゴレライ!


文字コード表

怪盗プディングからの甘い暗号!げん玉バレンタインの公式

ax+y=n(x=1)
ax+y=m(x=2)
a=-718,989,495,849,997,110,181,006,862
y=3,148,231,526,011,015,362,691,196,038


n=2,429,242,030,161,018,252,510,189,176
→Otokugaippai絵文字176
※9176→文字コード変換時の9の後の3桁(176)
→ドコモの絵文字176番


m=1,710,252,534,311,021,142,329,182,314
→HappyValentine



ご登録はこちらから↓
毎日お得がいっぱい げん玉
こちらから登録で250Pがもらえます!




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント
山田ーシーに入場する