多角的に価値がある事の価値!◆コンテンツを測る5つの視点


元々は
コンテンツ七つ道具
という話をするつもりだったんですが、
そこから、
多角的に価値がある事の価値
について分かった事があるので、
今回はその話になります。



15/02/09 山田メール

1つの視点じゃ決まらない?コンテンツの価値の測り方

ポイントサイトカテゴリーでは
山田も転職組ですが、転職組だからこそ、
できる考え方ってあると思うんですよね。


山田ブログでは、
山田ウルルン滞在記
なんていうコーナーもやっていますが、
よそのカテゴリーでは当たり前の価値観でも
ポイントサイトにはない事って、よくあるんですよ。


皆さんも普段、
相互リンクをしてもらっている方々に
意見を伺う事があると思うんですが、


それって、
様々な価値観や視点から見た価値を知りたい
という事なんじゃないでしょうか。


コンテンツの七つ道具を挙げるとしたら、
まず最初にこの”視点”がありますよね。


5つの視点!楽しさ、デザイン、研究、話題性、成果


要するに、
山田がチェックしているサイトから感じる魅力
を分類したものです。


価値は視点の数だけ?その合計で決まる

山田自身は、山田ブログも
”楽しくやる、遊ぶ”事を重視する視点では
価値があるんじゃないかと思っています。


ただ、もしどこかのポイントサイトが
デザインを重視するという視点だけから作られて、
”デザインはいいけど、コンテンツはちょっと”とか
コンテンツを重視するという視点だけから作られて、
”コンテンツはいいんだけど、デザインがちょっと”だったら、
どうしますか?


どういう事かと言うと、
ある視点から見た時、価値がないというだけで、
利用されない理由ができてしまう
という事なんですね。


この例からも分かるように、以前に話した説得力や
ブログの魅力というものは、単純に足し算で決まります。


ブログを運営する側の視点からすると、
”楽しければいいじゃん!”
くらいにしか考えていなくても、
使う側からしたら、
”持ち歩いて使う
ノートパソコンのお気に入りには
ダサいブログは入れたくない”
と考える人だって、いるでしょう。


楽しければいい
という考えには一理ありますが、
視点が無数にあるという事は、
ある視点から見ると100点で、
また別の視点から見ると0点ならまだしも、
-80点なら20点になったりする事もあるでしょうし、
それでは
それぞれの視点から見て60点のサイト
には説得力や魅力で勝てない
という事になりますよね。


何でこんな話をしたのかと言うと、
自分のブログの価値
を見直してみたからなんですね。


ブログの価値は
ポイントサイトと同じように計算でき、
価値は視点の数だけあって、
その合計で決まります。


だとしたら、
やるべき事や完成図も
見えてくるんじゃないでしょうか。






スポンサーサイト
にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ FC2おこづかい稼ぎランキング

コメント

こんばんは~

山田さん こんばんは^^

サイトの価値。大事なテーマですね~
デザイン性と機能性、さてどちらを優先するか?
本当は両方兼ね備えてるのが利用なんですけれど、、、。

たまにSEO対策についての質問や相談を受ける機会があって、
その時は対策についてだけでなくSEO対策に特化しすぎると
デザイン性やサイトそのものの価値が落ちてしまう事もあり得る点や
読者さん目線から外れてひとりよがりなサイトになってしまう事も
一緒にお話するようにはしているのですが、
説明下手なのでなかなかうまく文章に出来ない事があります^^;

それ以前に、自分のサイトは果たしてどうなんだろう?と
考えさせられますね。

>ある視点から見た時、価値がないというだけで、
利用されない理由ができてしまう

ほんと、そうですよね~。
私もこの点は考えさせられる事も多く、
もっと頑張らないと~って思っているのですが
なかなか前進できず^^; 
今は「頑張ろう!」が口癖になっているだけにすぎない感じですw

すいません、お返事が遅くなりました!

すいません、お返事が遅くなりました!
やっぱりデザインが鍵ですよね^^
美術的なデザイン、
構造的なデザイン(設計)、
情報(コンテンツ)のデザイン。
Tamaさんは見事に両立されてますよね^^
いつもお手本にさせていただいておりますm(_ _)m
山田もTamaさんみたいに
スマートできれいなデザインにしたくて、
何度ヒヨコ君テンプレを試した事か。
↑山田が使うとグダグダになるんですよ^^笑
Tamaさんほどの方でも
探究されているくらいですから、
ポイントサイト紹介者にとっては
永遠の課題なのかも。
山田はまず、奥様方のブログから
オシャレブログ道の極意を学ばねば!

コメントの投稿

非公開コメント