新成果公式の精度0.9994!◆星2つ


今回は、現在(15年4月)の
成果を計算する公式の精度
について話をしたいと思います。



15/04/16 山田メール

0.9994!新成果公式の精度

結論から述べると、


新成果公式と成果の相関係数は、
0.9994になりました。


言葉で表すと、
強い相関がある(有意水準で相関なしを否定)
という事になります。


まだ確認をしていないので、式は伏せますが、
更新回数のベストは1.2件/1日、※最大が約5件/1日です。
※更新回数が5件/1日以上でも、
成果に及ぼす影響は5件/1日と同じという意味です。
(↑更新回数と指標の関係は考慮していません。)
※厳密には5件/1日以上か未満かのフラッグになるかもしれません。


計算しなくても意味が分かれば大丈夫です。


なぜ更新回数で割るのかを忘れてしまったんですが、
もともと更新回数は指標を高めるんですね。


恐らく、
本来、成果と比例するはずのアクセス数は、
クロスワードの答えと
ポイントサイトについて知りたい事に対する答え
で獲得したアクセスを対等には扱わないだろう
という仮説からだと思います。


指標のウェイトは約5(倍)で、
更新回数は指標を高めるので、更新回数を増やせば、
それだけ成果も大きくなっていきます。


しかし、同時に
過剰に更新回数を増やしつづけると、
成果は下がりだします。


これが新しい成果公式の意味です。


この公式ではフラッグを使っていないんですが、
組みこめればアクセス数が少ないブログも検証できるので、
その辺りも、もう少し調整していきたいと思っています。
追記:フラッグを組みこみました。)






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント
山田ーシーに入場する