因子分析中間報告”コンテンツの質因子”について!◆星2つ


今回は、因子分析の中間報告をしたいと思います。



15/05/04 山田メール

的外れではなかった?コンテンツの質因子説

まだ仮説程度に捉えておいてほしいんですが、
因子分析をして分かったのが、
”コンテンツの質因子”の働きというものがあるという事です。


ざっくりと仮説をまとめると、


”コンテンツの質因子”は、
新成果公式の解やpタグの数に働きます。


今、確認している因子は、
コンテンツの質因子と時事因子の2つです。


時事因子とは、皆さんもご存知の
クロスワードの答えなどの事だと思ってください。


時事因子は
旧成果公式の解や更新回数に働きますが、
更新回数は新成果公式に対して負の相関があり、
今の所、旧成果公式は成果の9割以上、
新成果公式は全ての成果を説明できています。


誰が考えたのかは知りませんが、
奥様方のクロスワードの答えが如何に合理的か
という事が証明された訳です。


多分、1日1件も更新しない
ブログを見て言っているんだと思いますが、
”クロスワードの答えブログが合理的ではない”
という意見は全くのでたらめです。笑


テレビには
成功した人しか出ないので、そこだけを見て、
「起業すれば100%成功するから、
会社になんて行かないで起業すればいいのに」
と言っているようなものです。


ここで、
pタグの数ではなく文章の長さを調べた方がいい事や
更新回数ではなく時事率(フラッグ)で割った方がいい事
に気付いたんですが、て言うか、
初めてそれで行けると思った人、すごいですね。笑


新成果公式は、もともと
定番の稼ぎ方に基づいているから、
成果を予測できると解釈できます。


今でも、新旧どちらの公式でも
成果を予測できる事は前述の通りです。


要するに、奥様方は、
質を高めるという当たり前の稼ぎ方に対して、
それって更新回数に置きかえても稼げるよね?
という事を発見したんですね。


しかも、名前が表わしているように
時事情報なので、ほぼ無限に更新できるという...笑


最初、クロスワードの答えブログばかり
見ていた山田は、当たり前の稼ぎ方より先に
奥様方が疑似的に作りだした稼ぎ方に基づいて、
旧成果公式を考えたため、”稼ぐ”とは
更新回数を増やす事だと言っていた訳です。


今回の因子分析では、
構造はシンプルで直感に近いものになりました。





絵文字18関連ページ一覧>山田村 検証結果の報告 お薦め度☆

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント
山田ーシーに入場する