物語は情報をわかりやすく、記憶しやすいものにする!◆星1つ


山田の読み聞かせ
今回も、”インターフェースデザインの心理学”を読みながら、
ポイントサイト紹介ブログの作り方について考えていきたいと思います。



15/06/08 山田メール

地震がありましたね。
(↑アップする頃には、だいぶ前の事になっているかもしれませんが。)


埼玉県にお住まいの方は大丈夫でしたでしょうか。


ブログ仲間の何名かには、
安否確認のコメントを入れたんですが、
何か協力できる事があったら、連絡をくださいね。


前にも言いましたが、
「肩の力が抜けました。相談に乗ってください!」
っていう迷惑コメントは要りませんからね。


「肩の関節が外れました!」とかアレンジしても駄目ですよ!笑
(↑それは脱臼でしょうから、病院に行ってください。)


インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針 中古価格¥2,540から(2015/5/24時点)インプレッション


インタフェースデザインの心理学
―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針
中古価格¥2,540から(2015/5/24時点)

”難しい”を”わかりやすい”に!物語の利用

前回、
”利用者に考えさせない方法を探す”
と言いましたが、さっそく見つけました。笑


話を分かりやすくするには、
物語を利用するといいようです。


アフィリエイトで言うなら、
エピソード(体験談)とかでしょうか。


#033です。
人は物語を使って情報をうまく処理する
伝える情報がいかに無味乾燥なものでも、
物語を使えばわかりやすく、興味深く、記憶しやすいものになる。


#074にも
データより物語のほうが説得力がある
物語は感情的に訴える力が強い
とあります。


確かに、
「アフィリエイトでは体験談が有効」
っていう話は、よく聞きますよね。


山田ブログでは、
あまり体験談を出していないかも。


物語が有効と言われても、
そういう話が思いうかびませんよね。笑


1つ思いあたるのが、話が面白い人は、
このエピソードの使い方が上手いという事です。


学校で人気の先生って、
そういう人が多くないですか?


”物語、エピソード、体験談”
としていますが、ちょっと、
何て表したものか困りますね。笑


一つ、話でもしてみましょうか。


アフィリエイトを
始めたブロガーの話なんですが、
もともと
人気があったそのブロガーは、
順調にアクセスを伸ばしていきました。


日本では知らない人がいないんじゃないかという程にです。


その後、
どうなったのかと言うと、
アフィリエイトでは
生活していけるようになりませんでしたが、
ブログでは生活していけるようになりました。


では何故、
ブログで生活していけるのかと言うと、
スポンサーがついたからなんですね。


要するに、お金を稼ぐために
アフィリエイトやポイントサイト紹介を頑張るのではなく、
アクセスアップを目指す方が、正しい選択なのかもしれない
という話だったんですが、
あまりうまい例になっていないかもしれません。笑






スポンサーサイト

にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ FC2おこづかい稼ぎランキング

コメント

コメントの投稿

非公開コメント