◆もしかしてだけど?◆注目記事ランキングのアルゴリズム


ポイントサイトとほとんど関係がない話になってしまいますが、
今回は、にほんブログ村注目記事ランキングのアルゴリズムについて、
お話ししたいと思います。
まあ、アクセスアップの話という事で。笑



注目記事ランキングのアルゴリズム
については、現在、ほぼ解明したと考えています。
以降の説は、半分正しく半分間違っています。
もう少し具体的には、
着眼点は間違っていないんですが、
理由の説明が間違っているという事です。



Café Coffee Day
Café Coffee Day / nattu

(この話は飽くまで仮説です。)
にほんブログ村は
注目記事ランキングのアルゴリズムを公開していないので、
当たっていたら怒られてしまいそうですが、
確かにこれで説明できる気がします。


結論から述べると、
にほんブログ村注目記事ランキングは、
文字数(記事を投稿した日時の新しさで重み付け)
コメントの数(同じく記事を投稿した日時の新しさで重み付け)
の順に並んでいます。


コメントの数の方が
文字数と比べて一件当たりの得点が高いようですが、
総合的には文字数の方が重要になるようです。
(数が多いので、)


得点の計算もできそうですが、
それはあまりいい事ではないと思うので止めておきます。


にほんブログ村が何を意図しているかは推測になりますが、
恐らく、人間の手で書かれた文章を重要視するという事だと思います。


Google も(ブログテンプレートのような)PHPなどによって機械的に書かれた文章より、
人間が書いたブログ本文を重要視するという話を聞いた事があります。


なぜ、そう思ったのかと言うと、
相互リンクを申し込むためにポイントサイト紹介ブログの紹介文を書いた
事がきっかけなんですね。


特に注目されてもいなかった紹介ページが
翌日、ふと確認すると、注目記事ランキングの二位に。


相互リンクをお願いしたぽいんさんのブログも四位になっていました。
(ぽいんさん、相互リンクの件はありがとうございました!)


同じようにTamaさんのページにもコメントを残しましたが、
Tamaさんのページは注目記事ランキングに入っていません。
(Tamaさんもありがとうございました!)


これは、Tamaさんのブログには
相互リンク申し込み用のページが用意されていて、
ぽいんさんのブログではそれが見つからなかったので、
最新のページにコメントしたからだと思います。


単純に文字数やコメントの数だけで順位を決めてしまうと、
順位が変動しなくなってしまうので、
確かに投稿日時の新しさで重み付けしてもらえる方がいいかもしれません。


何だか”にほんブログ村”は雰囲気が温かくっていいですね!


余談ですが、風邪をひきました。
まさかデング熱?などとも考えましたが、
もしそうだったら、このページのタイトルを
◆もしかしてだけど?◆デング熱?
にかえます!笑
二、三日、更新が止まったら、
申し訳ありませんが、そういう事なので、
ご理解いただければと思います。
(最後になってしまいましたが、みるきーさんもありがとうございました!)


その後、経過をチェックすると、
このページも11位に。
(先日の紹介ページは1位になってました。)


山田の予想は、このページを含めて
新たに3件ほど上位に入るという結果でした。
この時点で、ここで説明した考え方では
説明できないページがいくつかランクインしています。


ただ、例外なども多少はあると思うので、
(まだ)この考え方が間違っているとは思っていません。


文字数で判断するのは、一見ばかばかしく思えるかもしれませんが、
安定して上位に入っているブログの共通点は、これくらいしかありません。


このページは資料として残しておく事にします。


更に経過をチェック。


投稿時70位から、
11位→12位→7位
と移動しています。


山田の予想では、
注目記事ランキングで1位になるのに必要な文字数は、
およそ1,600~2,000字以上、
コメントで5件程度で、

(ただし、投稿した翌日までの時点でです。)
このページは投稿時に1,300字程度あったので、
まずまずの結果だと思います。


例外については、
昔のGoogleと同じ手なのではないかと予想しています。


Googleは稀に、何らかの条件で、
あるキーワードで100位前後のサイトを
突然10位以内に持ち上げる事があるという話を聞いた事があります。
(これは不確かなので、あまり信用しないでください。)


これは、
そういったサイトが人気を獲得できるかどうかを
チェックするための措置で、判断に迷うサイトは、
とりあえず人の目でチェックしてもらう
という考えからだとか。


画像だけのページが悪いという意味ではありませんが、
不正を考慮して、複雑なアルゴリズムから決めているにしては、
判断材料が少なすぎるページがランクインしているからです。


再度、経過を報告します。
→再びこのページが10位に。


注目記事ランキングを見ていると、
内容にあまり共通点がない二、三ページが、
セットになって上下する、または順位が入れ替わる

事がよくあります。


その理由を考えてみたんですが、これは内容ではなく、
数値で比較しているからなんじゃないかと思います。


ブログ村の話では、それはINポイントでもOUTポイントでもないらしいんですね。


被リンクだと獲得できるページが少なすぎて
順位付けが難しくなってしまいます。


その後、コメントをする機会があって、ランキングを確認してみた所、
確かにランキングが上昇していました。


文字数やコメントの数は確かに重要な判断材料のようです。
安定してランクインしている方の特徴を考えると、
例外についての考え方も間違ってはいないと思います。
ただ、重み付けについては、投稿日時だけではなく、
もう少し複雑な仕組みになっているのかもしれません。


次のページで述べましたが、
この話はこの辺りで切り上げようと思います。


にほんブログ村は、注目記事ランキングのアルゴリズムを
不正に利用されないように公開していないそうですし、
不正でもできようものなら、
ランキングなんて誰も見なくなってしまいます。
注目記事は”にほんブログ村のお薦めであって提案”なので、
それがわかっても、その通りにブログを書くとしたら、
何のために書くのかよく分からなくなってしまいますよね。笑


◆続報!◆注目記事のアルゴリズムではなく求められるサイト像を探る





絵文字18関連ページ一覧>アクセスアップ 頭の体操

関連記事
スポンサーサイト

コメント

興味しんしんです(笑)

面白い考察ですね(#^^#)うちのブログのことも
取り上げていただき、ありがとうです♪
日本ブログ村の注目記事って謎ですよね。
うちのブログも注目記事に入ってたんですか?
見逃しました(笑)

ランキングで上位に入るとさらに多くの方に
見てもらえるし、励みにもなりますね^^

お返事が遅くなりました^^ 確かに謎ですよね!笑

お返事が遅くなりました^^
確かに謎ですよね!笑
ぽいんさんのブログも入ってました!
ただ、にほんブログ村も
不正に利用されないように
公開しないみたいですし、
ちょっとアプローチをかえた方がよさそうですね。
まあ、考えがあるので色々と工夫してみます^^

先程は~^^

先程はブログの間違いをご指摘いただき、
ありがとうございました!
"<"を誤って削除してしまったり、よくします(^^;)

No title

昔、strongを閉じ忘れて、
Googleにインデックスを削除された事があるんですよ。笑
FC2のエディターがチェックしてくれるといいんですけどね^^

コメントの投稿

非公開コメント
山田ーシーに入場する