15年度自由研究:アクセス解析の統計分析!◆星2つ


今回は、
15年度自由研究:アクセス解析の統計分析
について話をしたいと思います。



15/08/06 山田メール

SEOに効果があったかを統計的に調べる”僕のt検定”

はい、
コピー&ペーストで
t検定(対応ありなし)と分散分析
ができるエクセルファイルを作りましたよ~。
※追記:FC2にzipをアップできなくなってしまったため、配布はしていません。


SEOに効果があったかを統計的に調べる事ができます。


どうしてt検定かと言うと、SEOを改良と捉えて、
効果があったかを調べるなら、t検定になると思ったからです。
(↑対応ありなし両方のt検定を用意してあります。)


使い方は簡単で、
例えば、FC2のアクセス解析なら、
1か月分を丸ごとコピーしてエクセルに貼りつけられますから、
新しいシートに貼りつけたら、
訪問者数なりPVなりの1列のデータの部分をコピーして、
検定シートに貼りつけるだけです。


対応ありのt検定では、
必要に応じて、差の列のデータ(行)を
データ数が少ない月に合わせて削除してください。
(Deleteで削除できます。)


月単位のアクセス数を比較する事で、
新しいSEOに効果があったかを調べられます。


1要因の分散分析も、
いちおう用意しておきました。
(使う機会はないかもしれませんが、)


3つ以上の標本間の差の検定ができます。


要因はSEO、水準(条件)は、
t検定と同様に”古いか新しいか”でいいんじゃないでしょうか。


データの貼りつけまでは、t検定と同じです。


分散分析シートは、
検定する水準の数によって、
列を削除すると結果が出ます。


t分布表やF分布表は各自ダウンロードしてください。





絵文字18関連ページ一覧>アクセスアップ お薦め度☆

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント
山田ーシーに入場する