時事率≒CVR(コンバージョン率)?◆星2つ


今回は、
時事率とCVR(コンバージョン率)の関係
について話をしたいと思います。



15/08/07 山田メール

ポイントサイト紹介ではCVRを意識する必要はない?

個人的な意見としては、
ポイントサイト紹介やアフィリエイトで
CVR(コンバージョン率)を意識する事には、
あまり意味がないと考えています。


私達は、
商品や価格に手を加える事ができないからです。
(もともとCVRが高い商品なら話は別ですが、)


これまでにも
何度も言ってきているように、
成果と紹介の仕方には、ほぼ関係がありません。


ポイントサイトの紹介で、
CVRを意識する必要があるとしたら、
以前に言っていた漁場指標みたいな考え方が出てくる時だけです。


つまり、
ポイントサイト紹介のCVRは、
漁場指標で決まるという事です。


この漁場指標は、サイトのタイプで固定です。


時事率も同じ考え方(サイトのタイプで固定)なんですが、


だとしたら、
時事率≒CVRという事になりますから、
成果公式で成果を計算できる事が裏付けられる訳です。


成果公式は、
計算しやすいように形をかえると↓
(x+y)^2
×((タイプ==1)×a+(タイプ==2)×b+(タイプ==3)×c)

(a=約6、b=約0.25、c=約0.15)
アクセス数の2乗に時事率(≒CVR)を掛けているんですね。
(アクセス数は2乗するので、アクセス数の比は平方根で計算します。)


CVR(コンバージョン率)とは、
アクセス数に対して成果が出た割合の事です。


成果公式では、
このCVRが伏せられていても、
サイトのタイプから判断して、成果を計算できます。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント
山田ーシーに入場する