プラグイン広告問題の対処法!◆星1つ


はい、今回は、
プラグイン広告問題の対処法
を説明したいと思います。



15/08/17 山田メール

インラインフレームで(仮)対処

まず、
JavaScriptを停止している訪問者のために、
プラグインに通常のリンクを貼っておきます。


そのリンクをdivかspanで括って、idを指定しておきます。


JavaScript(innerHTML)で、
リンクをインラインフレームに書きかえて、
アクセス解析をセットしたHTMLファイルを読みこみます。
(インラインフレームに書きかえられた
という事は、JavaScriptを停止していないという事です。)


インラインフレームを使うのは、
ブログ本体にクエリを渡さないためです。
(確か、FC2はURLにクエリが付いている時に、
オリジナルのクエリを使うと正しく動作しなかったと思うので、)
追記:クエリページも反映に手間が掛かるようです。


HTMLファイルに
アクセス解析をセットしているのは、
どこから読みこまれたかをチェックするためです。
(インラインフレームはリファラが残るので、
これで多分、プラグインを導入してくれたサイトが分かると思います。)


HTMLファイルでは、
3秒が経過したら、JavaScriptでリンクをクリックし、
インラインフレーム内に自分のブログを表示させます。
(リファラが残ります。)


ブログ本体側で、
クエリ付きのリファラをチェックしたら、
広告と閉じるボタンを作成して表示します。
(自分のプラグイン広告を
自分のブログに設置する場合は、リファラが違う場合だけ、
リンクをインラインフレームに書きかえるようにしてください。)


何のプラグインから
呼び出されたのかはリファラから分かりますし、
ブログ側で広告を作成しているため、メンテナンスも即反映されます。


広告や閉じるボタンが
クリックされたら、リンク先を親ページに展開します。


何か見直してみると、色々と規約に違反していそうですね。笑


追記:JavaScriptで文字をスクロールさせる事にしました。
※この対応は仮対応です。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント
山田ーシーに入場する