役に立った確率をベイジアンネットワークで解明!◆星1つ


今回のサマリー

今回は、小遣い稼ぎ合宿4日目役に立った確率のベイジアンネットワークについて考えてみたいと思います。


役に立った確率


役に立った事が原因なら、結果は信頼の時と同じだけど、紹介、応援、拍手かな~。

それぞれの意味をよく考えないとね。

情報が役に立ったかどうか


15/10/20 山田メール

これが分かれば、ブログ運営者は、紹介された、応援された、拍手されたっていう結果から、情報が役に立ったかどうかを判断できるね。



他の人にも勧めるかどうか


紹介か応援と拍手は別かな~。役に立ったら、その情報を他の人にも勧める(シェア、口コミ)のが紹介だよね。勧めるかどうかを保留(他の人にも判断を仰ぐ)する場合は応援だね。

次回を期待には拍手


役に立たなくっても、そういった話を続けてほしい場合(アンコール的な?)は拍手かな~。確率的には小さいけど、場合によっては、他の人に勧めるかどうかも判断して、応援する事もあるかも。

紹介>応援>拍手


紹介は応援の、応援は拍手の上位だから、紹介する場合は応援も拍手も考えるよね。

役に立った確率のグラフ


後は確率表を作れば、例えば、拍手された時に情報が役に立った確率とかを計算できるようになるね。

グラフ(役に立った確率)

その他の要因


応援ボタンがなかったら押さないし、恩があるのは特殊なケースだから考えなくていいと思うんだよね。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント
山田ーシーに入場する