ポイントサイトで分かる統計学 場合の数と確率!◆星1つ


今回のサマリー

今回は、ポイントサイトで分かる統計学という事で、場合の数と確率について話をしたいと思います。


何通りあるか?


15/10/28 山田メール

場合の数問題とは、簡単に言うと”何通りあるか?”の計算の事です。最近やっていないんですが、ポイントサイトにはよく計算ゲームがありますよね。あれで考えてみましょうか。

計算ゲームみたいなもの


1~9までの数字2つの足し算で6以上の数字を作るとします。(ポイントサイトの計算ゲームには引き算も出てきます。)同じ数字を2回使う事もできます。

全ての組み合わせ


まず数字の組みあわせは、9×9で81通り考えられますね。分かりにくいという人は表をイメージしてみてください。

和が6以上になる組み合わせ


これに対して、和が6以上になる数字の組みあわせは、9(9との組みあわせ)+9(8との組みあわせ)+9(7との組みあわせ)+9(6との組みあわせ)+9(5との組みあわせ)+8(4との組みあわせ)+7(3との組みあわせ)+6(2との組みあわせ)+5(1との組みあわせ)で71通りになります。

ブラックジャックで勉強


はい、コンピューターと対戦できるブラックジャックを作ってみましたよ~。サイドメニューに置いておきますので、場合の数の勉強にいかがでしょうか。



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント
山田ーシーに入場する