ポイントサイトで分かる統計学 最頻値~累積相対度数!◆星1つ


今回のサマリー

今回は、ポイントサイトで分かる統計学という事で、最頻値~累積相対度数について話をしたいと思います。


度数が最も大きい階級の値


15/11/01 山田メール

度数分布表については以前に触れましたが、最頻値(またはモード)とは、この度数が最も大きい階級の事です。Rで度数分布表を出すには、tableを使うんでしたね。

例えば(最頻値)


例えばリンク先の例では、小遣いかせぎ歴を二値変数にして、度数分布表を出していますが、小遣いかせぎ歴12か月未満が7、12か月以上が3になっていると思います。この場合、度数が最も大きい階級は、小遣いかせぎ歴12か月未満という事になります。


何が分かるか?


最頻値はデータの特徴が分かる統計量の1つで、データのピークが分かります。

相対度数の和の推移


累積相対度数とは、相対度数の和の推移の事です。相対度数とは、度数の合計の中で度数が占める割合(度数を合計で割ったもの)の事です。

例えば(累積相対度数)


先日の例で考えるなら、小遣いかせぎ歴12か月未満の相対度数は0.7(7÷(7+3))、12か月以上は0.3(3÷(7+3))になります。累積相対度数は相対度数の和の推移ですから、0.7、1.0になります。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント
山田ーシーに入場する