魔送球第12球目:南斗成龍球!◆星1つ


今回のまとめ

山田達は、必殺技について話しあっていた。


16/11/28 山田メール(夜空の星々が十字に輝く時...)


必殺技と言えばゴム(笑)

河童「白猫プロジェクトの女の子が嵐の櫻井翔に見えるのは先生だけかー」

山田「必殺技ほしーなー」

河童「はいよー」

河童は適当に返事をすると山田に輪ゴムを渡した。

山田「ゴムゴムの~~~」

河童「や~め~な~さ~い~~~」

山田は輪ゴムを思いっきり引っぱると河童に向けて飛ばした。

河童「ぶっ!」

アニキ「ジムにでも行くか。笑」

山田「風邪ひいてて調子出ない~」

河童「こっちは徹夜明けだよー。」


画像で一言「夜空の星々が十字に輝く時...」


16/11/29 山田メール(力を溜めて~)


マイキーのアニキ観(笑)

山田達は、トレーニングをしにジムに来ていた。

御法川おかん「あじゃぱ博士、日本シリーズで日ハムの助っ人だってさ~」

山田「あの人、忙しいな~。」

山田「あんま読んでなかったんだけど、テニプリの必殺技はよくネタにしてたな~。自画自賛とか自業自得の極みとか。笑」

アニキ「自滅してるだけじゃん。笑」

山田「北斗の拳、刃牙、ジョジョは基本だね~。」

山田「刃牙は画期的だったな~。(金的の使いすぎという意味で)」

マイキー「決め台詞ならいっぱいあるかも...」

山田「(アニキのものまねで)貴様の血は何色だ!」

アニキ「そんな事いつ言った。笑」

マイキー「(アニキのものまねで)働かないで稼ぐとは一体、ウゴゴゴゴ...」

アニキ「お前の中で俺はどんな駄目人間になってるんだ。笑」


画像で一言「力を溜めて~」


16/11/30 山田メール(ライトカッター!)


いつも通りの会話(笑)

山田「ほらほらー、こんなに汗かいちゃって~。アニキはしょうがないなー。」

山田は、アニキの私服でアニキの汗を拭いてあげた。

アニキ「おい!笑」

山田「ごめん、タオルかと思って!笑」

続いて、マイキーもアニキの私服でアニキの汗を拭いてあげた。

アニキ「タオルじゃないから。笑」

すると、マイキーは無言でその服をアニキの鼻に押しつけた。

アニキ「香水の匂いしかしないけど。笑」

マイキー「正気っすか...5mgでクジラとか動けなくするんすけど...」

アニキ「おい!(笑) 何か本当に普段の会話だな。」

山田「あの少女漫画に出てくるような無口な男って、普段どんな会話してるのか不思議だよね。笑」

マイキー「(アニキのものまねで)相当なムッツリと見た。」

アニキ「何で俺に言わせた。笑」

マイキー「(アニキのものまねで)俺も負けてないけどな!」

アニキ「ふざけんな。笑」

その頃、河童はトレーニング用のベンチに座ったまま眠っていた。

山田は、眠っている河童の額に日ハムのロゴを、まぶたに目を描いた。

河童は”睡拳”を覚えた。

眠りの小五郎の誕生である。


画像で一言「ライトカッター!」


16/12/01 山田メール(決まった!)


大谷か(笑)

河童は寝ぼけながらフラフラと歩きだすと、猛烈な勢いでアニキに突進した。

アニキ「ぶーーー」

アニキが河童の猛チャージで吹っとばされると、御法川おかんはある事に気づいた。

御法川おかん「(迷わずにアニキに突進した?アニキの背景はカープの赤...そうか、読めたぞ!)」

御法川おかん「窓を開けるんだー!おっちゃん、こっちだー」

マイキー「あい...(ガラッ)」

マイキーは近くの窓を開けた。

御法川おかん「そっちじゃない!笑」

続いて河童は御法川おかんに向かって突進したが、軽くかわされると御法川おかんの背後にあった閉じている窓に突っこんだ。

ガシャーン

河童が窓を突きやぶって外に飛びだすと、その落下方向に葉っぱをくわえて日本シリーズの助っ人に向かうあじゃぱ博士が通りがかった。

河童「(目を覚まして)何だ何だー?」

あじゃぱ博士「(血まみれの河童が飛んでくるのを見て)カープの刺客だな。」

あじゃぱ博士「フォークボールか。甘い、もらった!」

かきーん

あじゃぱ博士はとっさにバットを抜き、大根切り打法で河童を空の彼方に打ちあげた。

河童「のわーーー」

きらーん

あじゃぱ博士がガッツポーズをしながら笑顔で走りさっていく姿は大谷翔平のようだった。完


画像で一言「決まった!」


コラム

絵文字18関連ページ一覧>スポンサー募集ページ

忍者AdMax忍者AdMax

シネマUSEDパンフレット『ドランクモンキー/酔拳』☆映画中古パンフレット通販☆洋画『ドランクモンキー/酔拳』☆映画中古パンフレット通販☆洋画新品価格¥490から(2016/10/20時点)

インプレッション

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント
山田ーシーに入場する