在宅でもできる仕事:コンサルタント◆星1つ


今回のまとめ

今回から、数回にわたって在宅でもできる仕事をいくつか紹介したいと思います。

第1回は、コンサルタントです。


16/12/02 山田メール(はいっ!皆さん、こんにちは。ジャパネットたかた神父です。今回ご紹介するのが、このスマホ型脱毛器!)


コンサルタントはどんな仕事か?

ここで言う”コンサルタント”とは、フリーランスのコンサルタントの事です。

職業としてのコンサルタントとは、異なる点がある事についてはご了承ください。

コンサルティングとは、問題の発見と解決の相談を請ける仕事です。

コンサルティングを仕事にするには、その分野である程度の活動実績がなければなりません。

例えば、医療関係のコンサルティングなんかもありますが、これを単にマーケティングに詳しいだけの人に依頼したら、大変な事になるのは簡単に想像がつきますよね。笑

これは、人の命を扱うからではなく、ファッション関係のコンサルティングにしても、ファッションについて知らない人に依頼したら、改善どころか悪化する事だってあります。

そう言うと、専門家がいない分野(例えば、女子力、恋愛といった)のコンサルティングを始めようとする人が多いんですが、あまりお勧めはしません。

割とざっくりとした分野のコンサルティングをしている人達は、分からないだろうと思っていい加減な事を言っている事がよくあります。


画像で一言「はいっ!皆さん、こんにちは。ジャパネットたかた神父です。今回ご紹介するのが、このスマホ型脱毛器!」


16/12/03 山田メール(こんな感じで自撮りもできちゃいます!見てください、毛穴までバッチリ写りますよー)


どんな依頼が来るか?

一番多いのは、アフィリエイトかSEO関係のコンサルティングですね~。

コンサルティングとは言えないかもしれませんが、お金になる技術(プログラミングなど)を教えてほしいという依頼もたまにあります。

後でもう1度言いますが、どんな内容でもなるべく有料で請ける事をお勧めします。

無料でコンサルティングを受けていると、本当に”パソコンとスマホを持っているだけの人”が相談しに来るので注意が必要です。

どこかにそういう情報商材があるんだと思いますが、世の中パソコンとスマホを持っているだけの人にできる仕事はありません。

仕事は、自分にできない事をできる人にお金を払って頼むのであって、パソコンとスマホを持っていればできる事を人に頼む事はありません。


画像で一言「こんな感じで自撮りもできちゃいます!見てください、毛穴までバッチリ写りますよー」


16/12/04 山田メール(スマホとして使えるのに脱毛もできて10万円、これはとってもお買い得ですよ!)


始めてみると分かる事

一回、他の提案は全て断られたので、「じゃあ、今まで紹介してきたショップ全部に相互リンクを依頼しましょうか(※1)」って提案した事があるんですが、「お金が掛かりますね」と断られたんですよ。(相互リンクにお金は掛かりません。笑)

※1 その当時は、まだ相互リンクが有効でした。

で、話を整理しようとした所、SEOの初期設定をしてくださいと3回目の堂々巡りをして、著作権違反の注意をした案を強引に進めようとしてきたので、その依頼はキャンセルしました。

依頼は、なるべく有料で請けるようにしましょう。

コンサルティングは、これから紹介するどの仕事とも違って、商品のやり取りがないので、利用者の立場からしてもお金を払うタイミングがありません。

”お金が入ったら払う”、”次は払う”(アカウントをかえて何度も無料枠から相談しに来る)、”お金を払うつもりはあった”は、お金を払わない人達の常套句です。

何十回と依頼を請ける内に、数回のやり取りで大体その後の展開が分かるようになります。


画像で一言「スマホとして使えるのに脱毛もできて10万円、これはとってもお買い得ですよ!」


16/12/05 山田メール(それでは神に祈りましょう。ヤーマン!)


稼げない人の特徴

他の仕事にも言える事ですが、専門分野を決めずざっくりとしたコンサルティングをしている人は、だいたい稼げません。

モッピーやげん玉の事を、まとめてポイントサイトと呼ぶような人達の事です。

世の中には、お馬鹿な事を考える人達がいて、コンサルタントのコンサルタントとか、占いのコンサルティングなんていう訳の分からないものまであります。笑

今、お腹が減ってフランス料理を食べたくなったとして、フランス料理店と定食屋が並んでいたら、(料金が同じなら)定食屋を選ぶ人はまずいません。

何かに特化しない方が幅広く依頼を請けられるので儲かると思うかもしれませんが、専門分野がなければ依頼する理由がありませんから、お金にはなりません。

他の分野の専門家だから気づく事もあると思うかもしれませんが、それは両方の分野の専門家である場合だけに言える事です。

確かな実績がある場合は、(会社に秘密でやっているなどの事情がない限り)分かりやすい場所で公開しておきましょう。

お客さんの多くは、実績を見て仕事を依頼するかどうかを決めたいと思っています。


画像で一言「それでは神に祈りましょう。ヤーマン!」



忍者AdMax忍者AdMax

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント
山田ーシーに入場する