SEOテクニックを毎日実践:ポイントサイト紹介ブログの教科書!


今回のまとめ

今回は、SEOテクニックを毎日実践シリーズの第7回として、ポイントサイト紹介ブログの教科書を作りたいと思います。


17/02/12 山田メール(皆さん、今日は何と!)


どうしても書く事がない時は

はい、ポイントサイト紹介ブログの教科書第1回ですが、ブログの書き方について説明したいと思います。

全然関係ないんですけど、昨年末に放送されていたパズドラのCMを消臭力のCMだと思っていた人っていませんか?

外国人がラーラララーラ歌いながら半透明の球体が漂うCMで、山田は途中までしか見ていなかったんですが、ずっと消臭力のCMだと思っていたんですよ。笑

さて、次項からは具体的にタイトルの付け方からどうしてもブログを書けない時の対処法まで紹介していきたいと思います。


画像で一言「皆さん、今日は何と!」


17/02/13 山田メール(クリスマスの...)


記事タイトルを付ける

記事タイトルの付け方は、ピボット法をお勧めしています。

ピボット法とは、例えばポイントサイト紹介ブログなら、”モッピーの稼ぎ方”とか”モッピーの攻略法”のようにポイントサイト名(固定)にセットで検索されやすいサブキーワードを組みあわせる方法です。

ただ、同じキーワードが含まれている事は問題ないんですが、全く同じタイトルの記事は作らないようにしてください。

Googleはタイトルを非常に重要視しています。

自分の行動を振りかえってみても、ブログを読むときはまず見出しを見て内容を読むかどうかを決めています。

前に紹介した本に書いてあったんですが、心理学的にも※タイトルを伏せられると内容を理解しにくくなるという事があるみたいですね。

※洗濯機の説明に”洗濯機の説明”というタイトルが付いていないと何の事だか分からないという話があります。

ポイントサイト紹介ブログでは、記事タイトル中に具体的なポイントサイト名を毎回登場させるようにしましょう。

そして、もしどうしても書く事がない時は、まずタイトルを考えましょう。

何について書くかが決まれば、内容はすぐに出てくるはずなんですが、それでも書けない場合は以降の項を参考にしてみてください。


画像で一言「クリスマスの...」


17/02/14 山田メール(ごじゅう...)


サブタイトルを挙げる

ブログを4日に1度更新にしてブログが書きやすくなったんですが、その理由がこの”サブタイトル法”です。

通常、ブログはh1にブログタイトル、h2に記事タイトルが入っている事が多いので、その下にh3サブタイトルを1つとh4を3項くらい挙げられるとブログが書きやすくなります。

ブログの記事はこの小さなブロックと論理的な流れでできているので、サブタイトルが決まれば後はそれぞれの項について話をするだけになります。

例えばこのページの場合、タイトルの毎日SEOの1コーナーとして”ポイントサイト紹介ブログの教科書”という企画があって、サブタイトル”どうしても書く事がない時の対処法”について話をしようと思っていて、”タイトルを付ける”と”サブタイトルを挙げる”と”論理的に考える”の3点について話をしようと考えたんですが、そこまで決まれば書く手が止まる事はありません。

それでも書けないという人は、次項の”論理的に考える”を参考にしてみてください。


画像で一言「ごじゅう...」


17/02/15 山田メール(...2日後です!書きためしまくった結果、こうなりました。(ハッピーバレンタイン!笑))


論理的に考える

今度は”論理的な流れ”の方から考えてみましょう。

例えば、あなたが家族にポイントサイトを紹介しようとしているとします。

大人だったら特に専門的に勉強をしてきていなくても論理的思考力は身についているはずですから、その辺りの事は心配しないでください。笑

家族に紹介するとしても、「いいから登録して広告を毎日ポチポチして」とか言っても納得してもらえないでしょう。

要するに家族にポイントサイトを紹介するにしても筋道を立てて説明しなくてはならないという事です。

例えば、「先月、ポイントサイトを利用していたらどれくらい節約できたか」などを計算して説得してもいいですね。

”ポイントサイト紹介ではそんな事はできない”と思うかもしれませんが、説得するのに筋道を立てる事はできるはずです。

ブログにしても筋道を立てる方法に決まりはないんですが、読者を説得するとしたらどうやって説明するかを考えると、割とブログはスラスラと書けます。


画像で一言「...2日後です!書きためしまくった結果、こうなりました。(ハッピーバレンタイン!笑)」




関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント
山田ーシーに入場する