プロジェクト3‐1:”Wikister”を作成!


今回のまとめ

今回は、粕田埋蔵(かすたまいぞう)のブログカスタマイズ講座の第3‐1回として、”Wikister”というプラグインについて説明したいと思います。


17/02/20 山田メール(朝目が覚めると猫になっていた。)


学習系Webアプリ”Wikister”

はい、xdomainajax.jsでWikipediaのページを取得しようと思ったんですが、これは流石にできませんよね。笑

ローカルでは取得できたんですが、仕方がないのでブックマークレットとインラインフレームを使う事に。

まあ、考えてもみれば分かる事だったんですが、当然Wikipediaでは実行できず、更にスマホChromeでも実行できなくなりました。

今はスマホからの方がアクセスが多いので、PC版でしか動作しないWebアプリを作りまくっても意味がないんですが、ちょっとコンセプトを見直す事にしました。


画像で一言「朝目が覚めると猫になっていた。」


17/02/21 山田メール(暗証番号は0299、”ニクキュー”って憶えてください。イエーーー、ジャスティス!)


もともとのコンセプト

もともとのコンセプトは、”Wikipediaのページの知識度を評価して、勉強しながらお宝ページを探す”というコンセプトだったんですが、対象をWikipediaからブログにする事にしました。

判定する要素はHTMLで指定できるようにしてあります。

できればWikiでやりたかったんですが、FC2Wikiくらいでしか動作しないと思います。

今、小遣い稼ぎWikiでチェックしてみたら、星8つになりました。笑

山田ブログは、何も指定していない状態で星2つです。

Wikipediaくらいになると、10以上になります。


画像で一言「暗証番号は0299、”ニクキュー”って憶えてください。イエーーー、ジャスティス!」


17/02/22 山田メール(とりあえず箱にでも入って状況を整理するか。)


”Wikister”の仕組み

仕組みは簡単なんですが、Wikiへのリンクを重複なくカウントして平方根+1を計算しています。

ちょっと平方根のグラフが見つからなかったんですが、大体4つのリンクで星3つに、100以上で星11以上になります。

これをWikipediaを探検しながらやりたかったんですが、あちらでは実行できないのでブログバージョンを作ってみた訳です。笑

スマホでも実行できないので、xdomainajax.jsで直に広告を読みこんでもよかったんですが、スクリプトが長くなるので広告ページをHTMLファイルにしてインラインフレームで読みこむ事にしました。


画像で一言「とりあえず箱にでも入って状況を整理するか。」


17/02/23 山田メール(落ちつくな~。)


pスライダーにタイトルを追加

はい、ディスプレイに表示される内容を括っているタグか、その親タグにtitle属性がある場合、タイトルとして表示するようにしました。

どちらにもtitle属性がある場合は、ディスプレイに表示される内容自体を括っているタグ側のtitleが優先されます。

そう言えば以前に「タイトルを伏せられると何の事か分からなくなる」という話をしましたし、pスライダーにも追加する事にしました。

面倒な作業になるかと思ったんですが、JavaScriptとCSSを数行書きかえるだけで済みました。


グラサン侍改め粕田埋蔵(かすたまいぞう)「”山田デバッグルーム”更新中!」


画像で一言「落ちつくな~。」




スポンサーサイト
にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ FC2おこづかい稼ぎランキング

コメント

コメントの投稿

非公開コメント