新成果公式の意味!(文章で説明)◆星2つ


今回は、
新成果公式の意味
を文章で説明したいと思います。



15/05/08 山田メール

何が重要?成果が出る仕組み

メガシャキとギガシャキって、どう違うんでしょうか。


目蓋を閉じられなくなるとか
寿命が短くなるなどの恐ろしい副作用が
あったりするのかな~って
想像すると笑っちゃいますね。笑


さて、本題に入りますが、
エクセルに計算させていたら、相関係数が0.9999になったため、
指標を割る更新回数は3つの値しか考えられない事が分かりました。


これまでにも
時事型、ハイブリッド型、Google型
というタイプがあるという話はしてきましたが、3つの値は
正にこの3タイプが当てはまるんじゃないかと思うんですね。


時事型は、
ほぼ100%がクロスワードの答えなどを
アップしているブログの事です。(分母12.96)


ハイブリッド型は、約90%が時事で、
案件などを扱ったりするブログも含みます。(分母9.72)


Google型は、
ほぼ100%純正の基本情報ブログの事です。(分母およそ2)


これを時事率と呼ぶ事にしましょう。


時事率とは、
時事情報をアップしている割合の事です。


新成果公式は、厳密には若干違うんですが、
指標をおよそ5倍にして、この時事率で割っています。
(最後に2乗にします。)


相関係数は0.9999で、ほぼ完全一致です。


時事率は成果の分母ですから、
高めれば、当然成果は下がります。


解釈がやや難しいんですが、
新成果公式では案件情報を紹介しているブログも
ハイブリッド(または時事)ブログと判定しています。
(成果報告、キャンペーン情報、MONOWなどもです。)


以前に
更新回数は成果と負の相関がある
と話しましたが、この働きは中程度で、
更新回数を増やす事は必ずしも
成果に悪い影響があるとは言いきれません。


これは何故かと言うと、
更新回数自体が成果に悪影響を与えている訳ではなく、
時事ブログは結果として更新回数が増えるから、
更新回数は成果と負の相関があるんだと思うんですね。


では何故、
更新回数を増やして成果が出るのかと言うと、
まだデータが少ないので断言はできませんが、
この時事率がタイプごとに固定だからです。
(更新回数とは比例しません。)


という事は、
100%時事情報ブログでも※指標が6倍あれば、
計算上、成果は同じという事になるんですよ!
※指標…アクセス数だと考えてください。


1日1件更新ブログは、一見、
合理的に思えるかもしれませんが、
そんなに簡単に成功できるほど、
甘いものではありません。


むしろ、そういう視点で考えるなら、
Google系ブログの方が大変だと思います。


”恐るべし、クロスワードの答えブログ!”って事ですね。笑





絵文字18関連ページ一覧>山田村 検証結果の報告 お薦め度☆

スポンサーサイト
にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ FC2おこづかい稼ぎランキング

コメント

コメントの投稿

非公開コメント