スクリプトの読み聞かせ 役判定のアルゴリズム!◆星1つ


今回のサマリー

今回は、スクリプトの読み聞かせという事で、役判定のアルゴリズムについて説明したいと思います。


役を判定する


15/11/09 山田メール

ブラックジャックの役判定は、そんなに難しくありません。ただ、山田ブラックジャックの役判定は、厳密なルールとは少し違っているので、ご注意ください。

豚の判定


まずは豚(21を超えてしまったかどうか)の判定をします。プレイヤーのカードの合計が21以下で、スクリプトが21を超えてしまっていたら、プレイヤーの勝ちです。逆にプレイヤーが21を超えていて、スクリプトが21以下ならスクリプトの勝ち、プレイヤーもスクリプトも21を超えている場合は引き分けになります。

次の判定


プレイヤーもスクリプトも21以下の場合は、合計の大小を判定します。合計が同じ場合は、まずファイブカードを調べて、次にブラックジャックを判定します。で、ブラックジャックなんですが、カードが2枚かどうかで判定しているんですよ。笑 なので、(合計が21で、)Aと10やAとジョーカーの場合もブラックジャックと判定されます。ブラックジャックではファイブカードで、スロットでは2,000ポイント以上賭けて”はずれ”が揃った時、ポーカーにもファイブカードでアイテムがもらえる裏技があります。



スポンサーサイト
にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ FC2おこづかい稼ぎランキング

コメント

コメントの投稿

非公開コメント