魔送球第7球目:南斗碇矢球!◆星1つ


今回のまとめ

山田達は、クリスマス会について話しあっていた。


16/11/04 山田メール(クリぼっちか~。誰か話し相手になってくれる人いないかな~。)


志村の拳(笑)

山田「は~い、来月クリスマス来るよ~。」

河童「クリスマスって言ったら、全員集合だろー」

アニキ「キャラクター増えたからな~。全員登場させると話が無駄に長くなっちゃうよね。」

河童「ビバヒル(古)みたいにできないかな~。もともと漫才にするつもりだったのに、コントになってきちゃってるし~」

山田「え~、ドリフでいいよ~!」

アニキ「ビバヒルもドラマだから、お笑いにしたらコントになると思うけど。笑」

山田「ちょ待てよケリー!」

アニキ「何でキムタク入った。笑」

マイキー「(アニキのものまねで)呼んだー?」

アニキ「何で俺で反応した。笑」


画像で一言「クリぼっちか~。誰か話し相手になってくれる人いないかな~。」


16/11/05 山田メール(あれれ~!僕たちの事が見えているの?ここに来られたって事は、君は余程の純粋な心の持ち主なんだね~。ここはメルヘンの国。みんな~、お客さんだよ~!)


メルヘンの国に行こう

河童「クリスマスシーズンだし、メルヘンの国に行こうかー」

山田「おお、おもしろそー!」

アニキ「それこそ、いい予感がしないけど。笑」

山田達は、河童の案内でメルヘンの国の入り口がある森までやって来た。

河童「メルヘンの国には子供にならないと入れないよー」

山田「何だ簡単じゃん!あははははは~、しのらーです~(スッ)」

マイキー「コリン星大爆発...(スッ)」

すると、山田とマイキーはメルヘンの国に消えていった。

アニキ「!(コリン星大爆発?笑)」

山田「うおーすげー!アニキも早く子供になりなよー」

アニキ「(合言葉みたいなものか?)し、しのら~だよ~。笑」

しかし、アニキはメルヘンの国に入れなかった。

アニキ「何でだよ!笑」

河童「背景が赤かったりフライデーの袋とじが好きだったりすると子供にはなれないんだよー」

アニキ「背景赤いけど、フライデー好きじゃないし。笑」

河童「アニキはそこのタヌキの貯金箱にチップを入れて入ってきてねー。カトちゃんぺー(スッ)」

アニキ「くっ!(加藤茶は大人だろ。笑)」

アニキは仕方なくチップを払う事にした。

アニキ「1、100円でいいかな。笑」

近くにいたウサギ「チッ」

アニキ「(動物に舌打ちされたー!笑)」

アニキ「そ、そうだよね!1万円くらいは出さないと...汗」

すると、ウサギはお腹を見せるように転がった。

アニキ「(入場料たけー!笑)」


画像で一言「あれれ~!僕たちの事が見えているの?ここに来られたって事は、君は余程の純粋な心の持ち主なんだね~。ここはメルヘンの国。みんな~、お客さんだよ~!」


16/11/06 山田メール(やあ、人間1人かい?大丈夫、君は1人じゃないよ。さあ、バーベルを持って、一緒にクリスマスを祝おうじゃないか。ここに来た人間は、みんなバキバキの体になって帰っていくよ。)


メルヘンの国の洗礼(笑)

アニキは1万円を支払うと、ようやくメルヘンの国に入る事ができた。

アニキ「ここがメルヘンの国かー。こ、小人だ!」

すると、アニキに気づいた小人達がざわつき始めた。

小人達「...わーわー...大人が侵略してきたぞー!...フライデーを持ってるかもしれないぞ...ざわざわ...カイジか?...」

アニキ「(カイジ?)はは、心配しないで、何もしないよー。(1万円も払ったのに。)笑」

小人隊長「浣腸隊前へー!」

アニキ「か、浣腸?笑」

小人隊長「南斗人間砲弾発射ー!」

小人隊長の号令と共に大砲から小人兵がアニキの※★∋∬◇£めがけて飛んできた。

アニキ「いてっ。(そんなに痛くないけど。笑) はは、何もしないって~」

小人達「...わーわー...こいつ、南斗人間砲弾が効いてないぞー...滅亡してたまるかー!...ミサイルだー、ミサイルを持って来るんだー...」

アニキ「(ミサイル?笑)」

すると、今度はアニキの∬∋◇£★※に向けてロケット花火を発射した。

ヒュ~~~(∬∋◇£★※)パパパン

アニキ「~~~~~~っ!笑」

ロケット花火は見事に命中し、アニキは撃沈した。笑

小人達「...わーわー...大人を撃退したぞー!...勝ったー...」

アニキを倒すと、小人達は勝利に歓喜しながら去っていった。

アニキ「うぅ...だっふんだ...ガクッ(スッ)」


画像で一言「やあ、人間1人かい?大丈夫、君は1人じゃないよ。さあ、バーベルを持って、一緒にクリスマスを祝おうじゃないか。ここに来た人間は、みんなバキバキの体になって帰っていくよ。」


16/11/07 山田メール(純粋な心の持ち主しか入れなくて、バキバキの体になって帰っていく...あ、新手のぼったくりバーか何かか?笑)


まつざきしげるいろだね(笑)

一方その頃、山田達はメルヘン大王からメルヘン城に招かれて、クリスマスパーティーに参加していた。

「もお悩み無用ぉ、あ~な~た~の髪、きっと生えてくるうぅ(ずし~んずし~ん)」

山田「和田アキ子って、メルヘンの国の住民だったんだー!」

メルヘン大王「HAHAHA~!あれは、和田アキ子モデルのサイボーグ”ジャンボリオン”だよ。実際より少し大きいだろう?」

山田「確かにそう言われてみると少しデカいかも。でも、何で?笑」

メルヘン大王「メルヘンの国の住人は、子供達に夢を与える事が仕事だからね~。ここからプロレス界に移住する住民も多いんだよ。」

メルヘン大王「普段は、紅白歌合戦に出たり、被災地に重機として応援に行く事が主な仕事なんだ。過去には、ナウシカに出演した事もあるんだよ。」

巨大なジャンボリオンが歌いながら軽快なステップを踏む度に、メルヘン城に崩れそうな程の地響きがした。

マイキー「彼女は一体、どんな夢を与えているんだろう...笑」

メルヘン大王「彼女は、”頑張ればこんなにデカくなれるんだぞ”とか”人間鍛えればリンゴくらいトマトみたいに握りつぶせるんだぞ”という夢を与えているんだ。」

マイキー「...メルヘン大王様、歯が白いですね...笑」

メルヘン大王「HAHAHA~!君は、すっかりこの国の文化に慣れてきたようだね。この国では、”まつざきしげるいろですね”と”歯が白いですね”は、最高の褒め言葉なんだ。」

読者は思った。 ”アニキ、頼むから起きあがってツッコんでくれ”と。

メルヘン大王「ちなみに人間界では何気なく使われる言葉で、この国では滅びの呪文になるものがあるから気をつけるんだぞ!」

一同「は~い。」

向こうのソファでは、池の女神が顔パックをしながら女性誌を読んでいた。

池の女神「今週の乙女座の運気、最高だってー!どうしよー(照)」

河童「あいつがいるねー。嫌な予感がするよ~。笑」

すると、エアコンの風で池の女神の顔パックがはがれて床に落ち、偶然そこを通りがかったメルヘンの国の給仕人が、その顔パックを踏んで滑ってこけた。

河童「あはは~、ドリフかー!笑(※1)」

※1 バナナの皮で滑るネタ…調べた所、ドリフのネタではありませんでした<(_ _)>

メルヘン大王「いかん、それは滅びの呪文だぞ!」

小人達「...わーわー...ドリフだー!...滅びの呪文だー...もう駄目だー!...みんな逃げろー...」

ジャンボリオン「いっくし!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ...ずしーん

一同「のわーーー」

滅びの呪文によって、ジャンボリオンがくしゃみをすると、メルヘン城は全壊した。

読者は思った。 アニキ、”だっふんだ”を言うなら今でしょ、と。完


画像で一言「純粋な心の持ち主しか入れなくて、バキバキの体になって帰っていく...あ、新手のぼったくりバーか何かか?笑」


コラム

絵文字18関連ページ一覧>スポンサー募集ページ

忍者AdMax忍者AdMax

志村けん 変なおじさん パジャマ上下セット/ジュニア志村けん 変なおじさん パジャマ上下セット/ジュニア新品価格¥5,400から(2016/9/28時点)

インプレッション
スポンサーサイト

にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ FC2おこづかい稼ぎランキング

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント