◆つながった?◆アーリーアダプター→注目記事→2倍の腕前


今回は、
アーリーアダプターと注目記事、
2倍の(ポイントサイト紹介の)腕前

の関係についての話をします。



Sea gulls
Sea gulls / h0lydevil

相互リンクをしていただいている方が
ブログでポイントサイト紹介の体験談を公開していて、
面白くて一気読みしちゃったんですが、
目から鱗ものの内容でした。笑


色々と苦労もあったようですが、
やっぱり努力を怠っちゃ駄目なんですね。


そういった姿勢がひしひしと伝わってきました。


読んでいる間、ブログ歴を通じて初めて
読者の満足度というものについて考えていたんですが、
やっぱり読者の満足度って、ボリュームに比例しますよね。


最近は無駄話ばかりで、
読者様に満足していただけるまで
話をできていなかったなあと少し反省しています。笑


---
--- / дзроман

まずは注目記事ランキングですが、
アーリーアダプターを割りだして、まず気付いたのが、
その方々は注目記事ランキングの常連さんだという事です。


アーリーアダプターは、
商品やサービスを普及させる流行の発信源
なので、注目記事に選ばれるのも
当然と言えば当然かもしれません。


以前に話した
にほんブログ村への苦言は恐らく、
その判定式の一部になっているんだと思います。


という事は、
にほんブログ村が
注目サイトに求めるサイト像は、
哲学的な話?になってしまいますが、
本当に注目したい(されている)情報の発信者
という事になります。


要するに、
どれだけ話題になったか?と、その発信者である事
が求められているという事です。


トレンド情報を集計してみて分かったんですが、
山田より集計範囲が広いのか、
アーリーアダプターより少し遅れているブログでも
注目記事ランキングにランクインする事はあるようです。


続いて、以前に
ポイントサイト紹介の成果を計算できる
という話をしましたが、その値と実際の成果を比較すると、
その人のポイントサイト紹介の腕前が分かります。


標準的な方なら、大体1前後になるはずですが、
中には2(倍)という方もいる事は以前から分かっていました。
(現在、調整中です。)


お1人だけ500(倍)以上という方がいたんですが、
(ぶ!データを見間違えていました。約70倍の間違いです。笑)


正直に申告されている方にまで
心配をお掛けする表現になっていました。
申し訳ありません。

何を言いたかったのかと言うと、
指標中の成果の割合は決まっているので、
成果が70倍という事は、言い換えると、
成果を盛ったら、指標が8倍以上になった
案件で言ったら、1,700%還元
と申告しているのと同じ事で、
集計方法が間違っているとしたら、
鼠と犬を取りちがえるようなものなんですね。
成果を盛っても指標は高まらないので、
(悪い事とは言いませんが、)
不正には意味がありませんし、同時に
正直に申告されている方は自信を持ってください
という事を言いたかった訳です。
集計方法の違いによる誤差は、
まだはっきりとした数値は出ていませんが、
ある程度の範囲に収まる事くらいは分かっているので、
普通に申告されている方で、そういった誤差が出る事は、
まず考えられません。


そのブログは、
確かに素晴らしく合理的なんですが、
そこまで違いが出るとは思えません。


まあ、それはいいとして、
2倍の腕前でも年間で見ると、場合によっては、
かなり大きな違いになります。


指標を高めるのは、なかなか難しいとなると、
この2倍の腕前は是非とも解明したい所です。


そこで、
ほぼ条件が同じ他のブログと比較してみたんですが、
唯一大きく違ったのが
紹介しているポイントサイトの数だったんですね。


イニシャルトークみたいになっちゃいますが、笑
(↑迷惑が掛からないように、)
Google先生は、その(2倍の腕前の)方を十分、
アーリーアダプターと見なしているいるようなので、
ポイントサイト交換説
が有力になってくる訳です。


山田も
初めてポイントサイトを紹介されたブログに、
(ポイントサイト自体は、もっと前から知っていたんですが、)
登録するだけで月に○千円もらえます!
と書かれているのを見て、
本当にそんな旨い話があるか~?
と半信半疑だったんですが、簡単に調べてみると、
やっぱりそんな事がある訳がありませんでした。笑


以前のポイントサイトは、
小銭を握らせて
不要な有料サービスを
むりやり利用させようとしている
という印象だったんですが、
まあ、そんなに毛嫌いするものでもないかと思って、
とりあえず、モッピーとげん玉だけ登録してみる事に。


そんなに危険なものじゃないと分かってきて、
モッピーの稼ぎ方を調べていると、
そこで他のポイントサイトを勧められる訳です。


主要なポイントサイトの条件は、
どこもそんなにかわりませんから、
増えれば収入が増えるだけなので、
そこでサクサクっと登録。


これが、ポイントサイト交換説が成りたつ構図です。


ポイントサイトを
知っている人に紹介するか知らない人に紹介するか
と成果の関係については、現時点では断言しませんが、
関係ないと考えています。


ポイントサイトを知らない人に紹介している人が
高い成果を出していたら、
それは入り口の広さが関係しているんじゃないかと思います。


Seagulls.
Seagulls. / Boudewijn Berends

まあ、意見が分かれる所かもしれませんが、
山田のトレンド調査では
紹介するポイントサイトを限定している紹介ブログ
は集計に含めていません。


例えば、あるポイントサイトに
特化している紹介ブログがあって、
その紹介ブログの情報も集計するとしたら、
紹介している情報が話題になっていなくても
何かの弾みで誤ってトレンドと判定してしまう事になりかねません。


要するに、それを集計してしまうと、
実際は話題になっていなくても、
特定のポイントサイトの全ての情報だけが
常にトレンド予備軍として有利になっている状態
ができてしまう訳です。


山田は、
Googleがアーリーアダプターを
(ある程度)評価しているとしたら、
紹介するポイントサイトを限定していると、
アーリーアダプターとして評価されないだろう
と仮定しています。


何故かと言うと、アーリーアダプターは、
一般的な価値評価とずれが少ない価値観を持っている
とされているからで、これをどのように判定するかを考えると、
発信した情報が話題になった割合が使えると思うんですが、
これはGoogleが求めるサイト像
”読むに足らない情報をアップしていないか?”
と合致しているんじゃないかと考えた訳です。


紹介するポイントサイトを限定していると、
話題にならない情報でもアップする事は
どうしても出てくると思います。


要するに、
紹介するポイントサイトを限定しているとGoogleの評価が下がる、
という事は、”2倍の腕前の正体はGoogleの評価”と考えたんですが、
Google先生は
僅かな情報の遅れにも結構シビアみたいですし、
見直してみると色々と疑問が残りますね。笑



14/11/07 山田メール(ポイントインカム”お買い物強化宣言”)



スポンサーサイト

にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ FC2おこづかい稼ぎランキング

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント