プロジェクト4‐2:ホームページにゲームを展開できる”env”を作成!


今回のまとめ

今回は、粕田埋蔵(かすたまいぞう)のブログカスタマイズ講座の第4‐3回として、ホームページにゲームを展開できる”env”スクリプトについて説明したいと思います。


17/03/16 山田メール(今だ、フォーメーション発動!)


ホームページにゲームを展開する”env”

さあ、張りきって書きますよ~!笑

まあ、デバッグルームの方に書いているので特に説明する事はないんですが、こちらではものづくり体験談をするんでしたね。

2、3日前に作ったのにすでにほとんどの事を忘れています。

て言うか、Googleの「httpsサイトを優先的にインデックスする作戦」って何か意味があるんですかね。

そんな事言ってみんなhttpsにしだしたら、マジで意味がなくなると思うんですけど。


画像で一言「今だ、フォーメーション発動!」


17/03/17 山田メール(えっ、あれは試合じゃマズくないすか?)


CSS階層メニュー

これははまりました。笑

何を思ったかチェックボックスで作ろうとして1時間くらい悩んだんですが、結論は”ラジオボタンで作ればいいじゃん”でした。

どういう事かというとCSS3の:checkedで、1回押したら1枚目のオーバーレイが、2回押したら2枚目のオーバーレイが開いて、3回押したら閉じるようにしたかったんですね。

恐らくチェックボックスでは不可能だと思いますが、なぜチェックボックスで作ろうとしたのかは自分でも謎です。笑


画像で一言「えっ、あれは試合じゃマズくないすか?」


17/03/18 山田メール(フォーメーション”ボックス‐1”発動!(二歩))


工夫した点

ゲームスクリプトからゲーム情報を受けとって待機リストに展開リンクを書きだそうと思って関数の存在確認をしようとしたんですが、変数の中に関数名を入れてtypeofでチェックしても変数の存在確認になっちゃうんですよ。

そこで変数の中に匿名関数を入れて、その中で関数の存在確認をする事にしたんですね。

デバッグルームの方にも書いたんですが、変数名の後ろに()をつければ代入した関数を呼びだせます。

まあ、あまり使う機会はないかもしれませんが、他に何に使えるかはこれから考えていこうと思います。笑


画像で一言「フォーメーション”ボックス‐1”発動!(二歩)」


17/03/19 山田メール(流石だぜ、安西先生。ここで”ボックス‐1”とは)


旧ゲームをenv対応にアップデート

カジノ2と占いの館、ブログクエストコロシアムをenv対応にアップデートしました。

pスライダーと連携している場合は、今まで通りに動作します。

年が明けてから暇さえあればJavaScriptを書いています。

”どんだけJavaScriptが好きなんだよ”って話ですよ。笑

これで違う言語でも使いはじめたらプログラミング漬けになりますね。


グラサン侍改め粕田埋蔵(かすたまいぞう)「ホームページダンジョンを作りました!」


画像で一言「流石だぜ、安西先生。ここで”ボックス‐1”とは」




スポンサーサイト
にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ FC2おこづかい稼ぎランキング

コメント

コメントの投稿

非公開コメント